MENU

施工例ギャラリー
Gallery

施工会社

小笠原建設(浜松)

光と風を満喫する中庭のある家
閑静な住宅街に建つT邸。玄関を開けるとまず中庭が目に飛び込んで、中と外が一体となった開放感が味わえる。中庭を設けた一番の理由はご主人のお風呂へのこだわりから。「湯船につかって本を読むので、とにかく心地いい場所にしたい」と、浴槽に入るとちょうど目線が外へ向けられるよう窓の高さも考えられ、風を感じながら入浴が楽しめる。この中庭を中心に、ロの字型の回遊する間取りがつくられた。リビングは天井を高くとり、南面と中庭から光を取り込んだ明るい空間。ログハウスをイメージした内装は、タモの無垢床に半丸太の腰壁がぬくもりを伝えている。リビングと空間分けをしたダイニングキッチンは北側に位置するため勾配屋根に天窓をつけ、明るさを確保。「壁で仕切ったのでキッチンの暗さを心配しましたが何の問題もなく、リビングがより落ち着きます」と奥様も生活のしやすさを実感している。
 T様のイメージが明確だったこともあり、綿密な打ち合わせで理想とする住まいがカタチづくられ、さらに施工中も大工さんからのアドバイスできめ細かい仕上げがなされたという。「実際に出来上がっていくと、こんな風になるのとかと感心することが多く、小笠原建設さんのチーム力のすごさを感じました」。安住の地でくつろぎを手にしたご夫妻。この先、ウッドデッキ、カーポートなどエクステリアの完成で暮らしに彩りが加わる。
メッセージ
Q.この会社を選んだ理由は?
会長の小笠原さんは趣味のジャズを通じて人柄もよく知っていたため。家の建て直しを決めた時、真っ先に相談し、土地の造成・地盤強化もしました。

Q.この会社で建てて良かったことは?
私たちの意向を汲んで提案してくれたこと。何でも言い合える関係性の中、100%の想いを込めることができ、きめ細やかな対応をしていただきました。
無料資料請求はこちら
資料請求へ進む 0
最近の閲覧履歴
資料請求はコチラ(無料)