MENU

施工例ギャラリー
Gallery

施工会社

となりの建築工房(浜松市)

古い物を大切にする暮らしが似合う自然素材の家
子どもが育つ家なので、体に優しい自然素材の家を希望しました」と語る奥様。地産地消の家づくりと優れたデザイン性に惹かれ、『となりの建築工房』に新築を依頼した。
 ご新居は、深い軒や縁側のある古民家風の佇まいが、小京都・森町によく似合う。室内は、延床34坪の空間を無駄なく利用して、ご家族の要望をくまなく満載。例えば、天竜桧の床と珪藻土の壁がおりなす開放的なLDK。のんびり寛ぐ小上がりの和室。洗濯物を「洗う・干す・しまう」を短距離でこなせる便利な家事動線。ご近所仲間が気軽に立ち寄れる縁側。そして、黒板仕様の壁やクライミングロープ、うんていといった子どもの遊びコーナー。さらに、小上がりには奥様の実家に保管してあった古い建具をリメイクし、引き戸や照明カバーとして再利用。明治時代の繊細な手細工が美しい建具が、新しい木の空間にしっくりとなじみ、味わい深さと居心地のよさを感じさせる。「この古い建具類を『となりの』さんがわざわざ山梨県の実家まで持ちに行ってくれて、ここまでしてくれるのかと感激でした」と奥様。
 リメイク品は建具以外にも部屋のあちこちに。お子さまのベビー服を縫い合わせた奥様のお手製のカーテンも、窓辺を可愛らしく彩っている。時と共に味わいの増す自然素材の家で、古い物を大切に生かすNさんの暮らしぶりに、心が癒された。
メッセージ
無料資料請求はこちら
資料請求へ進む 0
最近の閲覧履歴
資料請求はコチラ(無料)