MENU

施工例ギャラリー
Gallery

施工会社

幸和ハウジング(浜松市)

住むほどにヴィンテージの輝きを増していく家
美術館巡りが大好きで、作品だけでなく、建物のデザインや素材まで気になるというSさん。そんなセンス抜群のご夫婦が目指したのは、「時とともにヴィンテージとなっていく家」。極限まで無駄を削ぎ落とした外観は、スクエアなフォルムと白い横波のガルバリウムでカッコよさを追求している。
 玄関を入ると、壁一面にきれいな靴が整然と並べられ、まるでアート作品のよう。奥様いちばんのこだわりが1階の主寝室で、一段下げたピットラウンジにしたことでオンからオフへの切り替えがスムーズに。交通量が激しい立地でプライバシーを確保するため、生活の中心となるLDKは2階にした。
 リビングに入って驚いたのは大迫力のピクチャーウインドーで、宙に浮いているかのような贅沢な景色を楽しめる。木造でこれほど開放的な空間が実現できるのは『幸和ハウジング』が得意とするSE構法によるもの。モダンなインテリアの中にどこか古びた味わいを感じるのは、工場などで使われる素材を随所に取り入れているからだろう。3階は120インチのスクリーンで映画鑑賞できるホームシアター、さらに屋上庭園のような広いバルコニーを設置。長い庇が夏の直射日光を遮り、冬は部屋の奥までひだまりを届けてくれる。
 〝デザインと住み心地〟のバランスが絶妙にとれたS邸。子どもたちの成長とともにどんな経年美を見せてくれるのか、ご夫婦は楽しみにしている。
メッセージ
無料資料請求はこちら
資料請求へ進む 0
最近の閲覧履歴
資料請求はコチラ(無料)