MENU

施工例ギャラリー
Gallery

施工会社

小笠原建設(浜松)

意匠と伝統技の粋を極めた数寄屋モダンの家
『小笠原建設』は、卓抜な設計力と施工力を兼ね備えた実力派工務店。同社のモデルハウスにはこれまでに幅広い世代の人々が訪れ、造作の見事さと数寄屋モダンの斬新な意匠が感動を呼んでいる。
 浜松には代々「傳九郎」と名乗る有名な数寄屋大工がいた。その下で13歳の頃から修行を重ねた「小笠原徳一」もまた名匠として知られた人物だ。徳一は『小笠原建設』の創業者でもあり、現会長の父親にあたる。このモデルハウスの施工も徳一の血を受け継ぐ自社大工が手がけたものだ。
 まず玄関に入ると目を奪われるのは、R型の板張りの壁。曲線を板張りで表現するのは名匠にしか成し得ない至難の技。LDKで注目すべきはダイニングとリビングの間に設けた吹抜けの小上がりで、引き込み障子や3枚建ての障子を開け閉めすることでフレキシブルな利用が可能だ。すべての障子を開け放てば開放感を楽しめ、ダイニングとリビングのどちらかを閉め切れば来客時等の様々なシーンに対応、逆に全て閉めきれば小上がりをゲストルームに利用できる。また、室内は風通しを重視し、窓の位置や形状を充分に検討した結果、夏も冬も自然室温で充分快適な環境を実現。さらに、匠の手による手編みの網代天井や緻密な造作が見事な数寄屋造りの和室も他ではお目にかかれない贅沢な空間だ。プロも一目置く建物をぜひ体感してほしい。
メッセージ
無料資料請求はこちら
資料請求へ進む 0
最近の閲覧履歴
資料請求はコチラ(無料)