浜松住宅総合館

愛知東部で家を建てるなら三河住宅総合館
工務店で探す
一覧へ戻る

なごみ住宅(浜松市)

太い梁の架かった吹抜けが開放的なLDK。「蓄熱式温水床暖房」を採用し、ヒートショックの心配のない健康的な空間を実現。遠赤外線による輻射熱で体の芯から暖まる。続き間の和室はリビングと引き戸で仕切ることができる。

太い梁の架かった吹抜けが開放的なLDK。「蓄熱式温水床暖房」を採用し、ヒートショックの心配のない健康的な空間を実現。遠赤外線による輻射熱で体の芯から暖まる。続き間の和室はリビングと引き戸で仕切ることができる。

2階からリビングを見下ろす。高窓から柔らかな光が注ぎ、勾配天井の板張りと太い梁が木の温かみを感じさせる。

2階からリビングを見下ろす。高窓から柔らかな光が注ぎ、勾配天井の板張りと太い梁が木の温かみを感じさせる。

リビングの隣に設けた2間続きの端正な和室。大勢の人を招く際にも充分に余裕あり。南面には広縁を設けてある。

リビングの隣に設けた2間続きの端正な和室。大勢の人を招く際にも充分に余裕あり。南面には広縁を設けてある。

2階のフリースペースは吹抜けを介してLDKとつながっている。同社オリジナルのステンドグラスがアクセント。

2階のフリースペースは吹抜けを介してLDKとつながっている。同社オリジナルのステンドグラスがアクセント。

  • 太い梁の架かった吹抜けが開放的なLDK。「蓄熱式温水床暖房」を採用し、ヒートショックの心配のない健康的な空間を実現。遠赤外線による輻射熱で体の芯から暖まる。続き間の和室はリビングと引き戸で仕切ることができる。
  • 2階からリビングを見下ろす。高窓から柔らかな光が注ぎ、勾配天井の板張りと太い梁が木の温かみを感じさせる。
  • リビングの隣に設けた2間続きの端正な和室。大勢の人を招く際にも充分に余裕あり。南面には広縁を設けてある。
  • 2階のフリースペースは吹抜けを介してLDKとつながっている。同社オリジナルのステンドグラスがアクセント。

コメント

カウンターや階段下利用の本棚などを設けた開放的なスキップフロア。上部には旧宅で使っていた思い出の梁を採用。

広い敷地を利用して、1階を広々と確保したSさんの住まい。吹抜けのある開放的なLDKと、続き間の和室を2部屋確保。ご夫婦の寝室も生活動線を考えて1階に配置。2階は収納と子ども室のみとなっている。料理好きの奥様はキッチンの背面に大容量のパントリーを希望。キッチンの冷蔵庫以外に、冷蔵庫2台と冷凍庫1台が収まるだけでなく、収納棚も充分に確保した。また、キッチンの天井は吹き抜けになっていて、2階にいるお子様と窓を通じて会話ができるのも大きな特徴だ。さらに、室内には同社推奨の「蓄熱式温水床暖房」を採用。
 冬は吹抜けがあっても家中が陽だまりのように暖かい。広さ、暮らしやすさ、快適さに包まれて、心がなごむ暮らしを満喫するSさんご一家だ。

■この家を建てた施工会社は
ページトップ