浜松住宅総合館

愛知東部で家を建てるなら三河住宅総合館
工務店で探す
一覧へ戻る

橋本工務店 (浜松市)

吹き抜けを採用した開放感いっぱいのリビング。テレビの下にはエアコンが設置され、温風で床下から温めるので足元がポカポカ。取材は真冬の2月にもかかわらず、二人のお子さんたちは素足で元気に過ごされていた。

吹き抜けを採用した開放感いっぱいのリビング。テレビの下にはエアコンが設置され、温風で床下から温めるので足元がポカポカ。取材は真冬の2月にもかかわらず、二人のお子さんたちは素足で元気に過ごされていた。

リビングの吹き抜けが家全体を緩やかにつなぎ、広がりのある空間に。お洒落な造作建具や小窓が暖かみを演出。

リビングの吹き抜けが家全体を緩やかにつなぎ、広がりのある空間に。お洒落な造作建具や小窓が暖かみを演出。

シューズクローク付プライベート玄関から見た玄関スペース。玄関ドアも造作の木製。横にはかわいい小窓を設けて。

シューズクローク付プライベート玄関から見た玄関スペース。玄関ドアも造作の木製。横にはかわいい小窓を設けて。

カウンターや階段下利用の本棚などを設けた開放的なスキップフロア。上部には旧宅で使っていた思い出の梁を採用。

カウンターや階段下利用の本棚などを設けた開放的なスキップフロア。上部には旧宅で使っていた思い出の梁を採用。

  • 吹き抜けを採用した開放感いっぱいのリビング。テレビの下にはエアコンが設置され、温風で床下から温めるので足元がポカポカ。取材は真冬の2月にもかかわらず、二人のお子さんたちは素足で元気に過ごされていた。
  • リビングの吹き抜けが家全体を緩やかにつなぎ、広がりのある空間に。お洒落な造作建具や小窓が暖かみを演出。
  • シューズクローク付プライベート玄関から見た玄関スペース。玄関ドアも造作の木製。横にはかわいい小窓を設けて。
  • カウンターや階段下利用の本棚などを設けた開放的なスキップフロア。上部には旧宅で使っていた思い出の梁を採用。

コメント

空間を立体的につなげて実現27坪の広々した住宅

葺き下ろしの屋根を持つコンパクトでかわいい新居。そんな印象のA邸だが、中に入るとびっくり。奥行きのある玄関土間に始まり、1階には吹き抜けのリビング、階段を上がると中2階のスキップフロアがあり、2階にはプライベート空間、さらにはペントハウスまで立体的につながる4層構造になっていて、27坪の住まいとはとても思えない広がりを感じる。
 室内は自然素材のやさしい雰囲気に包まれ、木の風合いを活かしたオリジナルの造作家具や建具と見事に調和。まるでナチュラルインテリアの雑誌に出てくるような素敵な住まいが出来上がった。「思った以上に広くて、真冬でも暖かく、こうしたいがすべて叶って大満足です」と奥様。お子さんたちも毎日元気よく動き回っているそう。

■この家を建てた施工会社は
ページトップ