浜松住宅総合館

愛知東部で家を建てるなら三河住宅総合館
工務店で探す
一覧へ戻る

「あだちの家。」 足立建築(浜松市)

北側には緑の木々が借景となったダイニング、南側には庭やデッキへとつながるリビングを配置。視線が戸外へ、吹き抜けや階段を通じて2階へと抜けることで、十分な広がり感を確保。

北側には緑の木々が借景となったダイニング、南側には庭やデッキへとつながるリビングを配置。視線が戸外へ、吹き抜けや階段を通じて2階へと抜けることで、十分な広がり感を確保。

豊かな緑が贅沢に心地よく目に飛び込んでくるLDK。そんな窓の外の景色に調和するかのように、内装には杉の床、漆喰の壁・天井が使われ、シンプルでいて美しく、また落ち着きのある明るい空間を演出。

豊かな緑が贅沢に心地よく目に飛び込んでくるLDK。そんな窓の外の景色に調和するかのように、内装には杉の床、漆喰の壁・天井が使われ、シンプルでいて美しく、また落ち着きのある明るい空間を演出。

カウンター収納や背面収納など、奥様の使い勝手に合わせてキッチン周りの収納を造作。奥にはパントリーも設置され、収納力抜群。見た目もすっきりとして美しく、急な来客にも慌てることなく、迎えられる。

カウンター収納や背面収納など、奥様の使い勝手に合わせてキッチン周りの収納を造作。奥にはパントリーも設置され、収納力抜群。見た目もすっきりとして美しく、急な来客にも慌てることなく、迎えられる。

光と風をたっぷり取り込む吹き抜け。南側はスノコ床を設けて室内物干し場に。

光と風をたっぷり取り込む吹き抜け。南側はスノコ床を設けて室内物干し場に。

2階のロフトは収納兼ご主人が趣味を楽しむ秘密基地のようなワクワク空間。

2階のロフトは収納兼ご主人が趣味を楽しむ秘密基地のようなワクワク空間。

2階ホールに設けたスタディコーナー。窓の外に広がる緑に癒されつつ、勉強やパソコン、読書に集中できる快適スペース。

2階ホールに設けたスタディコーナー。窓の外に広がる緑に癒されつつ、勉強やパソコン、読書に集中できる快適スペース。

  • 北側には緑の木々が借景となったダイニング、南側には庭やデッキへとつながるリビングを配置。視線が戸外へ、吹き抜けや階段を通じて2階へと抜けることで、十分な広がり感を確保。
  • 豊かな緑が贅沢に心地よく目に飛び込んでくるLDK。そんな窓の外の景色に調和するかのように、内装には杉の床、漆喰の壁・天井が使われ、シンプルでいて美しく、また落ち着きのある明るい空間を演出。
  • カウンター収納や背面収納など、奥様の使い勝手に合わせてキッチン周りの収納を造作。奥にはパントリーも設置され、収納力抜群。見た目もすっきりとして美しく、急な来客にも慌てることなく、迎えられる。
  • 光と風をたっぷり取り込む吹き抜け。南側はスノコ床を設けて室内物干し場に。
  • 2階のロフトは収納兼ご主人が趣味を楽しむ秘密基地のようなワクワク空間。
  • 2階ホールに設けたスタディコーナー。窓の外に広がる緑に癒されつつ、勉強やパソコン、読書に集中できる快適スペース。

コメント

川沿いに広がる緑豊かな風景を取り込んだ家

Mさんご夫婦が購入された土地は、豊かな緑が広がる川沿いに面した好立地。新居のプランはもちろん、この恵まれた緑の借景を最大限に生かすことからスタートした。
 まずは、北に位置する緑の風景を室内に取り込むため、北面、東面にできるだけ開口部を確保。通常北側に配置するキッチンも、あえて西側に配置して、ダイニングの北と東の2面の窓から景観を楽しめるようにしている。
 2階のホールや吹き抜け周りの窓も大きくとり、ホールにはスタディコーナーも設置。「緑を眺めながら、子どもが勉強をしたり、親子で読書を楽しんだりする快適なスペースができました」と満足そうに語るご主人。戸外の景色を視覚的に取り込んだ間取りは常に明るく開放感いっぱい。視線が室内に留まることなく、自然と外に向かうため、空間に広がりを感じさせる。
 また室内も、床は無垢の杉板、壁や天井は漆喰と、自然素材に包まれ、建具や収納、棚なども造作にすることで、統一感や収まりの良さ、暖かみを感じる心地よい空間となった。「『あだちの家。』は、家中どこに行っても温度差がなく快適に過ごせるのがうれしいです」と奥様。パントリーを備えた収納豊富なキッチンもお気に入りとのこと。
 もうすぐ新しい家族が増える予定のご一家。のびのびと子育てできる豊かな環境のもと、一層楽しくにぎやかな暮らしのシーンが描かれていきそうだ。

■この家を建てた施工会社は
ページトップ