浜松住宅総合館

愛知東部で家を建てるなら三河住宅総合館
工務店で探す
一覧へ戻る

インフィルプラス

傾斜地をなるべくそのまま活かす、という発想から生まれた「スキップ平屋」の家。7段スキップを緩やかに連ね、建物内で高低差を解消。壁には同社オリジナルの鎧張り風ガルバリウム鋼板を使用。

傾斜地をなるべくそのまま活かす、という発想から生まれた「スキップ平屋」の家。7段スキップを緩やかに連ね、建物内で高低差を解消。壁には同社オリジナルの鎧張り風ガルバリウム鋼板を使用。

キッチンの正面にはご主人の要望で小上がりの畳コーナーを設置。畳に座ってゆったり食事を楽しめる。小さなお子様の お昼寝や遊びのスペースとしても最適で、奥様は常にお子様の様子を見守りながら調理や片付けができる。

キッチンの正面にはご主人の要望で小上がりの畳コーナーを設置。畳に座ってゆったり食事を楽しめる。小さなお子様の お昼寝や遊びのスペースとしても最適で、奥様は常にお子様の様子を見守りながら調理や片付けができる。

室内や外の景色を見渡せる対面キッチン。キッチン横のモルタル塗りのカウンターの下にはゴミ箱を収納。

室内や外の景色を見渡せる対面キッチン。キッチン横のモルタル塗りのカウンターの下にはゴミ箱を収納。

小上がりと洗面室の間に設けた屋根付デッキテラス。「洗って、干して、たたんで」の動線が抜群に便利。

小上がりと洗面室の間に設けた屋根付デッキテラス。「洗って、干して、たたんで」の動線が抜群に便利。

SE構法による大空間のリビングは、段差でゾーン分けし、それぞれの空間に落ち着く“居場所”を創出。

SE構法による大空間のリビングは、段差でゾーン分けし、それぞれの空間に落ち着く“居場所”を創出。

LDKから続く廊下から3段上がると子ども室がある。縦長の広い空間で、将来仕切ることも可能。

LDKから続く廊下から3段上がると子ども室がある。縦長の広い空間で、将来仕切ることも可能。

小上がり畳コーナーから同じ床高でセンターデッキテラスに繋がる。その先の洗面脱衣室&浴室へは2段スキップでアクセス。

小上がり畳コーナーから同じ床高でセンターデッキテラスに繋がる。その先の洗面脱衣室&浴室へは2段スキップでアクセス。

  • 傾斜地をなるべくそのまま活かす、という発想から生まれた「スキップ平屋」の家。7段スキップを緩やかに連ね、建物内で高低差を解消。壁には同社オリジナルの鎧張り風ガルバリウム鋼板を使用。
  • キッチンの正面にはご主人の要望で小上がりの畳コーナーを設置。畳に座ってゆったり食事を楽しめる。小さなお子様の お昼寝や遊びのスペースとしても最適で、奥様は常にお子様の様子を見守りながら調理や片付けができる。
  • 室内や外の景色を見渡せる対面キッチン。キッチン横のモルタル塗りのカウンターの下にはゴミ箱を収納。
  • 小上がりと洗面室の間に設けた屋根付デッキテラス。「洗って、干して、たたんで」の動線が抜群に便利。
  • SE構法による大空間のリビングは、段差でゾーン分けし、それぞれの空間に落ち着く“居場所”を創出。
  • LDKから続く廊下から3段上がると子ども室がある。縦長の広い空間で、将来仕切ることも可能。
  • 小上がり畳コーナーから同じ床高でセンターデッキテラスに繋がる。その先の洗面脱衣室&浴室へは2段スキップでアクセス。

コメント

傾斜地を活かすために生まれた「スキップ平屋」の家

斜斜地に家を建てる場合、まず擁壁を造って盛土をし、土地を平坦にしてから建てるのが一般的だ。しかしIさんの新居は、敷地の傾斜をそのまま活かし、7段スキップで空間がつながる平屋を実現。もとは『インフィルプラス』の提案によるもので、同社の豊かな経験と卓抜な設計・施工力のなせる技といえるだろう。
 建物の道路側はシンプルな黒のフォルム。しかし、側面は土地の傾斜に沿った奥行きの深いフォルム。どちら側から見ても、意匠へのこだわりが感じられる。玄関に入ると、ゲスト用の土間の脇に細長い土間があり、その奥にはシューズクロークと家族用の下足場が設けてある。LDKはアカシヤの大胆な木目が個性的な空間。「SE構法」ならではの大開口が圧倒的な開放感をもたらしている。リビングは床を下げて「くつろぎ感」を創出し、キッチンの対面には小上がりの畳コーナーを配置。まだ小さなお子様の様子を常に見守りながら家事ができる。LDKの奥にはさらに個室や洗面・浴室のスキップフロアが続く。LDKと洗面室の間にはデッキを設けて洗濯物が干せるようにし、家事動線を格段と短縮した。
ファーストプランで設計が気に入り、あとは殆どお任せだったというご夫婦は、この土地だからこそ叶ったユニークで機能的な住まいにご満悦。段差がもたらすリズミカルな暮らしに、心が弾む毎日だ。

ページトップ