浜松住宅総合館

愛知東部で家を建てるなら三河住宅総合館
工務店で探す
一覧へ戻る

will建築工房(浜松市)

アカシアの床と、石目調のタイルのアクセントウォールが絶妙に調和したリビング。リビングとダイニングを天井の高低差でゾーン分けし、各空間に落ち着きをもたらしている。

アカシアの床と、石目調のタイルのアクセントウォールが絶妙に調和したリビング。リビングとダイニングを天井の高低差でゾーン分けし、各空間に落ち着きをもたらしている。

ガレージと一体化したワイドスパンな外観。雨天でもガレージと室内を雨に濡れずに行き来できる。玄関ポーチを覆う外壁のタイルはご主人のこだわり。プライバシーを守りつつ、外観の意匠性を高めている。

ガレージと一体化したワイドスパンな外観。雨天でもガレージと室内を雨に濡れずに行き来できる。玄関ポーチを覆う外壁のタイルはご主人のこだわり。プライバシーを守りつつ、外観の意匠性を高めている。

カウンターテーブルと一体型のペニンシュラ・キッチン。広さにゆとりを持たせ、壁面収納もたっぷり確保。

カウンターテーブルと一体型のペニンシュラ・キッチン。広さにゆとりを持たせ、壁面収納もたっぷり確保。

カーペット敷きのホテルライクな寝室。 ウォークインクローゼットを2室設置。

カーペット敷きのホテルライクな寝室。 ウォークインクローゼットを2室設置。

広い玄関に窓から明るい陽が注ぐ。右手には大容量のシューズクロークがある。

広い玄関に窓から明るい陽が注ぐ。右手には大容量のシューズクロークがある。

玄関ホールに設けたストリップ階段。廊下の奥はキッチンに通じ、室内全体をぐるりと回れる回遊式動線を確保。

玄関ホールに設けたストリップ階段。廊下の奥はキッチンに通じ、室内全体をぐるりと回れる回遊式動線を確保。

  • アカシアの床と、石目調のタイルのアクセントウォールが絶妙に調和したリビング。リビングとダイニングを天井の高低差でゾーン分けし、各空間に落ち着きをもたらしている。
  • ガレージと一体化したワイドスパンな外観。雨天でもガレージと室内を雨に濡れずに行き来できる。玄関ポーチを覆う外壁のタイルはご主人のこだわり。プライバシーを守りつつ、外観の意匠性を高めている。
  • カウンターテーブルと一体型のペニンシュラ・キッチン。広さにゆとりを持たせ、壁面収納もたっぷり確保。
  • カーペット敷きのホテルライクな寝室。 ウォークインクローゼットを2室設置。
  • 広い玄関に窓から明るい陽が注ぐ。右手には大容量のシューズクロークがある。
  • 玄関ホールに設けたストリップ階段。廊下の奥はキッチンに通じ、室内全体をぐるりと回れる回遊式動線を確保。

コメント

家族のこだわりをデザインした『willken』の家

とにかく好みがドンピシャで、『willken』さんと阿吽の呼吸で理想の空間をすんなりとカタチにしていけました」と語るKさん。ガレージと一体型のワイドスパンな新居には、ご主人のこだわりが細部まで活かされている。玄関ポーチを覆う大壁に用いた石目調のタイルもその1つ。シンプルな箱型の外観をひときわスタイリッシュに演出している。
 広々とした玄関には、大容量のシューズクロークを設置。玄関の上り口の斜めのラインに合わせて、床も斜めに板張りを施したのもご主人のこだわりだ。LDKは、アカシアの無垢の床が重厚感と個性を感じさせる広やかな空間。リビングとダイニングを天井の高低差でさりげなくゾーニング。リビングの石目調タイルのアクセントウォールとシンプルな造作家具が、上質で洗練された雰囲気を醸し出す。
 一方、室内はデザイン性だけでなく、奥様の家事のしやすさも充分に配慮されている。カウンターテーブルと一体化したペニンシュラ型キッチンの背後には壁面収納をたっぷり設置。キッチンの隣に水回りを集約し、家事動線を短縮。室内干しができるランドリールームも広々と確保した。意匠と機能性を徹底的に追求し、理想の空間を実現したKさんの新居は、「こだわりをデザインする」という『willken』の家づくりコンセプトをまさに体現した住まいだといえるだろう。

■この家を建てた施工会社は
ページトップ