浜松住宅総合館

愛知東部で家を建てるなら三河住宅総合館
工務店で探す
一覧へ戻る

ジェネビル(浜松市)

屋根のシャープなラインと、深く出した庇がスタイリッシュな外観。室内全体に光と風が行き渡るように、開口部の位置にまで細心の配慮がなされている。

屋根のシャープなラインと、深く出した庇がスタイリッシュな外観。室内全体に光と風が行き渡るように、開口部の位置にまで細心の配慮がなされている。

水回りを除く室内の床全体にオークの無垢材を使用。素朴で温かみのある風合いが、目にも肌にも心地よい。リビングの壁に沿って棚やカウンターを設け、テレビやPCコーナーをすっきりと配置。

水回りを除く室内の床全体にオークの無垢材を使用。素朴で温かみのある風合いが、目にも肌にも心地よい。リビングの壁に沿って棚やカウンターを設け、テレビやPCコーナーをすっきりと配置。

ダイニング側からリビングを眺める。風の流れも計算して設置された西側の窓は開放感も強調。ダイニングのペンダントの内側やキッチンの扉にはアクセントカラーとしてブルーをさりげなく採用。

ダイニング側からリビングを眺める。風の流れも計算して設置された西側の窓は開放感も強調。ダイニングのペンダントの内側やキッチンの扉にはアクセントカラーとしてブルーをさりげなく採用。

リビング南面のウッドデッキで、庭を眺めながら日向ぼっこを楽しむことも。

リビング南面のウッドデッキで、庭を眺めながら日向ぼっこを楽しむことも。

シンプルな設えの玄関。LDKへ至る廊下との仕切りに半透明の引き戸を採用。

シンプルな設えの玄関。LDKへ至る廊下との仕切りに半透明の引き戸を採用。

スキップフロアのプライベートルーム。道路側の視線を気にせずゆったり寛げる。カウンターもオリジナルデザイン。

スキップフロアのプライベートルーム。道路側の視線を気にせずゆったり寛げる。カウンターもオリジナルデザイン。

  • 屋根のシャープなラインと、深く出した庇がスタイリッシュな外観。室内全体に光と風が行き渡るように、開口部の位置にまで細心の配慮がなされている。
  • 水回りを除く室内の床全体にオークの無垢材を使用。素朴で温かみのある風合いが、目にも肌にも心地よい。リビングの壁に沿って棚やカウンターを設け、テレビやPCコーナーをすっきりと配置。
  • ダイニング側からリビングを眺める。風の流れも計算して設置された西側の窓は開放感も強調。ダイニングのペンダントの内側やキッチンの扉にはアクセントカラーとしてブルーをさりげなく採用。
  • リビング南面のウッドデッキで、庭を眺めながら日向ぼっこを楽しむことも。
  • シンプルな設えの玄関。LDKへ至る廊下との仕切りに半透明の引き戸を採用。
  • スキップフロアのプライベートルーム。道路側の視線を気にせずゆったり寛げる。カウンターもオリジナルデザイン。

コメント

平屋×スキップフロアの家で、自分らしく暮らす

アシンメトリーな屋根のラインが個性的な佇まい。築35年の旧宅が、斬新でモダンな邸宅に一新した。建替えにあたり、お母様は「生活がしやすく開放的な平屋の家」を希望。一方、息子さんは「道路側からの視線を気にせず、のんびり寛げる空間がほしい」と2階建てを希望。両者の希望を尊重した結果、平屋をベースに、息子さんのプライベートスペースとしてスキップフロアを設けた住まいが完成した。
 室内は開口部の位置を工夫して光や風を最大限に採り込み、どこにいても自然の心地よさを実感できる空間をデザイン。まず玄関を入ると、右側にスキップフロアがあり、その床下は玄関側から使える土間収納と、廊下側から使える納戸として利用。スキップフロアの息子さんの個室は道路側からの視線と高さをずらしてあるので、周囲を気にせずゆったりと寛げる。
 一方、玄関の左側には広い廊下とお母様の個室があり、その先には高天井のLDKが広がる。トップライトや大窓から光が降り注ぎ、「とにかく明るくて、天井の高い家が第一希望でした」というお母様の希望通りの空間が実現。水回りにはぐるりと回れる回遊式の動線を設け、家事動線を可能な限り短縮した。平屋ならではの利便性と暮らしやすさ、心地よさにこだわった空間で、ご家族それぞれが自分らしい暮らしを存分に満喫する毎日だ。

■この家を建てた施工会社は
ページトップ