浜松住宅総合館

愛知東部で家を建てるなら三河住宅総合館
工務店で探す
一覧へ戻る

花みずき工房(浜松市)

床には無垢のアルダー材、壁や天井には珪藻土を使用。やさしい自然素材に包まれたリビング。すぐ隣に音楽室を設けることで、音を遮りながらも家族とつながる空間を実現。

床には無垢のアルダー材、壁や天井には珪藻土を使用。やさしい自然素材に包まれたリビング。すぐ隣に音楽室を設けることで、音を遮りながらも家族とつながる空間を実現。

三角屋根にドーマー窓のある可愛いデザイン。「欧米のリゾートに佇むコテージをイメージした」というご主人こだわりの外観スタイル。車を駐車しているスペースには、いずれご主人自作の木製ガレージが完成する予定。

三角屋根にドーマー窓のある可愛いデザイン。「欧米のリゾートに佇むコテージをイメージした」というご主人こだわりの外観スタイル。車を駐車しているスペースには、いずれご主人自作の木製ガレージが完成する予定。

キッチン背面には棚を造作。サイドにはパントリーを設け、家事室としても使えるよう内部にカウンターを設置。

キッチン背面には棚を造作。サイドにはパントリーを設け、家事室としても使えるよう内部にカウンターを設置。

リビングの畳コーナーにはお洒落な茶色の和紙畳を採用。カウンターや階段下収納を設けて、使いやすい空間に。

リビングの畳コーナーにはお洒落な茶色の和紙畳を採用。カウンターや階段下収納を設けて、使いやすい空間に。

隣にシューズクローク付きのプライベート玄関を備えているので、急な来客のときでも、玄関はいつもすっきり。

隣にシューズクローク付きのプライベート玄関を備えているので、急な来客のときでも、玄関はいつもすっきり。

レンガの壁と2重窓、防音ドアで遮音性能を高めた音楽室。特別な防音工事は行わず、天井には吸音材を使用して快適な音響空間に。

レンガの壁と2重窓、防音ドアで遮音性能を高めた音楽室。特別な防音工事は行わず、天井には吸音材を使用して快適な音響空間に。

  • 床には無垢のアルダー材、壁や天井には珪藻土を使用。やさしい自然素材に包まれたリビング。すぐ隣に音楽室を設けることで、音を遮りながらも家族とつながる空間を実現。
  • 三角屋根にドーマー窓のある可愛いデザイン。「欧米のリゾートに佇むコテージをイメージした」というご主人こだわりの外観スタイル。車を駐車しているスペースには、いずれご主人自作の木製ガレージが完成する予定。
  • キッチン背面には棚を造作。サイドにはパントリーを設け、家事室としても使えるよう内部にカウンターを設置。
  • リビングの畳コーナーにはお洒落な茶色の和紙畳を採用。カウンターや階段下収納を設けて、使いやすい空間に。
  • 隣にシューズクローク付きのプライベート玄関を備えているので、急な来客のときでも、玄関はいつもすっきり。
  • レンガの壁と2重窓、防音ドアで遮音性能を高めた音楽室。特別な防音工事は行わず、天井には吸音材を使用して快適な音響空間に。

コメント

音楽も、趣味も、家族団らんも、心地よく楽しめる家

大きな三角屋根にドーマー窓が調和し、すっきりとシンプルな中にも愛らしい表情を見せるN邸。玄関から室内に入ると、LDKと畳コーナー、リビングには2階に通じる階段も設けて…と、ここまではスタンダードなスタイルだが、特徴的なのはリビングの隣に〝音楽室〟を備えていること。
 ご夫婦ともに浜松の市民オーケストラに所属し、ご主人はチェロ、奥様はバイオリンを担当。そんなお二人の演奏&練習スペースとして設けたのが、音楽室だ。「家族のそばに居ながら演奏を楽しんだり、練習に打ち込んだりしたかったので、リビングのすぐ隣に配置してもらいました」とご主人。両部屋の境界は完全な壁ではなく、半分レンガ、半分2重窓にすることで、家族の気配を感じながら、また感じさせながら遮音効果をアップ。どちらの部屋にいても、お互いに気兼ねなく、心地よく過ごすことができるという。
 さらに、キッチンの横には収納を兼ねた奥様の家事室、2階には飛行機などの模型づくりができるご主人の趣味室も設けた。模型に限らず、もともとモノづくりがお好きなご主人。新居の完成後はDIYに興味を持ち始め、キッチンに小棚を作ったり、家の前に郵便受けを設置したりと、続々と作品がカタチに。「次は洗面コーナーの三面鏡とガレージの扉&壁を製作する予定です」と意欲たっぷり。Nさんの家づくりは今後もまだまだ続いていきそうだ。

■この家を建てた施工会社は
ページトップ