浜松住宅総合館

愛知東部で家を建てるなら三河住宅総合館
工務店で探す
一覧へ戻る

水田建設(浜松市)

夕闇に映えるシンプルな外観。こげ茶のガルバリウム鋼板と、板張りや建具に用いた無垢材とのコントラストが絶妙。

夕闇に映えるシンプルな外観。こげ茶のガルバリウム鋼板と、板張りや建具に用いた無垢材とのコントラストが絶妙。

室内は限られた面積の中で考え抜かれたまったく無駄のない空間構成。コンパクトでありながら、収納も充分に確保されている。杉板張りの床と塗り壁、障子戸が自然素材の心地よさを感じさせる。

室内は限られた面積の中で考え抜かれたまったく無駄のない空間構成。コンパクトでありながら、収納も充分に確保されている。杉板張りの床と塗り壁、障子戸が自然素材の心地よさを感じさせる。

玄関を入って正面奥が洗面室。オープンな空間を手持ちの家具で上手に仕切り、生活しやすい動線を実現。

玄関を入って正面奥が洗面室。オープンな空間を手持ちの家具で上手に仕切り、生活しやすい動線を実現。

板張りの壁と白いカウンターが清々しい、シンプルなデザインの洗面コーナー。

板張りの壁と白いカウンターが清々しい、シンプルなデザインの洗面コーナー。

テーブルやソファの配置まで考慮しプランニング。ソファに座って大窓から外の景色を眺めながら寛げる。

テーブルやソファの配置まで考慮しプランニング。ソファに座って大窓から外の景色を眺めながら寛げる。

2階の寝室と小上がりの畳コーナー。南面に開口部を広くとり、開放感を強調。

2階の寝室と小上がりの畳コーナー。南面に開口部を広くとり、開放感を強調。

2階の北側の洋室には天窓を設けて明るさを充分に確保。梁の横の障子戸の先には小屋裏がある。

2階の北側の洋室には天窓を設けて明るさを充分に確保。梁の横の障子戸の先には小屋裏がある。

  • 夕闇に映えるシンプルな外観。こげ茶のガルバリウム鋼板と、板張りや建具に用いた無垢材とのコントラストが絶妙。
  • 室内は限られた面積の中で考え抜かれたまったく無駄のない空間構成。コンパクトでありながら、収納も充分に確保されている。杉板張りの床と塗り壁、障子戸が自然素材の心地よさを感じさせる。
  • 玄関を入って正面奥が洗面室。オープンな空間を手持ちの家具で上手に仕切り、生活しやすい動線を実現。
  • 板張りの壁と白いカウンターが清々しい、シンプルなデザインの洗面コーナー。
  • テーブルやソファの配置まで考慮しプランニング。ソファに座って大窓から外の景色を眺めながら寛げる。
  • 2階の寝室と小上がりの畳コーナー。南面に開口部を広くとり、開放感を強調。
  • 2階の北側の洋室には天窓を設けて明るさを充分に確保。梁の横の障子戸の先には小屋裏がある。

コメント

コンパクトな空間でゆたかに暮らす家

ご主人の実家の敷地内に新居を建てることにしたIさん。南面道路で間口の狭い土地を有効に活かす方法はないかとインターネットで調べたところ、出会ったのが「アイワークス」の家だった。「これならコンパクトでも居心地がいい家が建てられると思って。それに、元々建築家の伊礼智さんのデザインが好きだったのも決め手になりました」と奥様。まずは浜松地域でアイワークスを取り扱う『水田建設』に相談し、早速家づくりに着手した。
「アイワークス」は、小さくてもゆたかに暮らせる家を手の届く価格で提供するプロジェクト。人気建築家の伊礼智氏がデザインした規格プランをカスタマイズして、自分たちの暮らしに合った家を実現できる。Iさんの新居では『水田建設』の計らいで構造材も地元の天竜材に変更し、補助金を利用することもできた。
 新居は延床約22坪。1階は水回りをコンパクトかつ機能的にまとめてLDKに充分な広さを確保。2階には2部屋と小上がりの畳スペースを設置。南面に設けた大きな窓からは道路の向かいにある川辺の風景を眺められ、窓を開ければ涼しい川風が吹き込んでくる。特に窓際の畳コーナーは、春は堤防沿いの桜並木、5月は祭りの練り、そして夏は花火大会の観覧席として大活躍。
 四季折々の風景や年中行事が、Iさんご夫婦の日々の暮らしをいっそう豊かに彩っている。

■この家を建てた施工会社は
ページトップ