浜松住宅総合館

愛知東部で家を建てるなら三河住宅総合館
工務店で探す
一覧へ戻る

ホーミーホーム(浜松市)

26畳を超えるLDKは、杉の勾配天井で広く感じられる。濃淡が美しい無垢の床は高級家具にも使われるミャンマーチーク。和室の扉を透明ガラスにしたことで、つながりを感じる。

26畳を超えるLDKは、杉の勾配天井で広く感じられる。濃淡が美しい無垢の床は高級家具にも使われるミャンマーチーク。和室の扉を透明ガラスにしたことで、つながりを感じる。

家の中心に配置したアイランドキッチンは、クリナップの最高級システムキッチン。木目調の鏡面カップボードでレンジや炊飯器などを隠し、生活感を出さないよう配慮。上に小窓を設け、採光と通風もしっかり確保。

家の中心に配置したアイランドキッチンは、クリナップの最高級システムキッチン。木目調の鏡面カップボードでレンジや炊飯器などを隠し、生活感を出さないよう配慮。上に小窓を設け、採光と通風もしっかり確保。

天然木のやさしさに包まれたリビング。TVステーションに調湿効果の高いエコカラットを採用。

天然木のやさしさに包まれたリビング。TVステーションに調湿効果の高いエコカラットを採用。

どの部屋にも短い動線で行けるのが平屋の魅力。天井が高く取れ、空間に圧迫感がない。

どの部屋にも短い動線で行けるのが平屋の魅力。天井が高く取れ、空間に圧迫感がない。

家の顔である玄関はゆったりと。デザイン性豊かなエコカラットがアクセントに。

家の顔である玄関はゆったりと。デザイン性豊かなエコカラットがアクセントに。

リビングと隣接した和室。シーンによって仏間を引き戸で隠すこともできる。

リビングと隣接した和室。シーンによって仏間を引き戸で隠すこともできる。

料亭を思わせる美しいポーチ。先人の知恵を活かした深い庇が夏の強い日射を遮り、冬は夕方まで光を採り込む。

料亭を思わせる美しいポーチ。先人の知恵を活かした深い庇が夏の強い日射を遮り、冬は夕方まで光を採り込む。

  • 26畳を超えるLDKは、杉の勾配天井で広く感じられる。濃淡が美しい無垢の床は高級家具にも使われるミャンマーチーク。和室の扉を透明ガラスにしたことで、つながりを感じる。
  • 家の中心に配置したアイランドキッチンは、クリナップの最高級システムキッチン。木目調の鏡面カップボードでレンジや炊飯器などを隠し、生活感を出さないよう配慮。上に小窓を設け、採光と通風もしっかり確保。
  • 天然木のやさしさに包まれたリビング。TVステーションに調湿効果の高いエコカラットを採用。
  • どの部屋にも短い動線で行けるのが平屋の魅力。天井が高く取れ、空間に圧迫感がない。
  • 家の顔である玄関はゆったりと。デザイン性豊かなエコカラットがアクセントに。
  • リビングと隣接した和室。シーンによって仏間を引き戸で隠すこともできる。
  • 料亭を思わせる美しいポーチ。先人の知恵を活かした深い庇が夏の強い日射を遮り、冬は夕方まで光を採り込む。

コメント

気持ちにゆとりが生まれるオール天然木の平屋の家

築50年になる実家の老朽化に伴い、建て替えを決めたKさん。家づくりのパートナーに『ホーミーホーム』を選んだのは、長女の家族が4年前に同社で新築したこともあり、構造材を無垢の木しか使わないという徹底した家づくりに信頼を寄せていたからだ。
 将来を考え悠々自適に暮らすご夫婦が暮らす家は、和とモダンが融合する「平屋」の家。切妻のフォルムが美しい大屋根の外観は、気品と風格に満ちた高級料亭のような佇まいを見せている。広い玄関からリビングに通されると、高い勾配天井を活かした大空間が広がり、平屋とは思えない開放感がある。南面の大きな窓からはたっぷりの光と風を招き入れ、四季折々の庭の風景に心が癒される。作業台の広い豪華なアイランドキッチンを採用したのは、ご主人がそば打ちを楽しむため。休日はファミリーを招いて自慢の腕を振るい、コミュニケーションを育む。このキッチンを起点にプランニングしたことで、どの部屋にもスムーズに移動でき、楽に暮らすことができる。
 ご夫婦が一番気に入っているのがミャンマーチークの床。床暖房が入っているのかと錯覚するほど暖かく、冬でも素足で過ごしたくなる。「ホーミーさんが予算を1円もオーバーすることなく仕上げてくれたので、新築してからもホッとして暮らせています」とご夫婦。親子二代の新築に初めて携わった内山社長の頬が初めて緩んだ。

■この家を建てた施工会社は
ページトップ