浜松住宅総合館

愛知東部で家を建てるなら三河住宅総合館
工務店で探す
一覧へ戻る

福工房

吹抜けのあるリビング。天竜ヒノキの床の感触が心地よく、子どもたちは素足で駆けまわる。リビングと土間を仕切る障子戸は1間幅の広さ。壁面上部にはアクリル板を張り開放感を強調。

吹抜けのあるリビング。天竜ヒノキの床の感触が心地よく、子どもたちは素足で駆けまわる。リビングと土間を仕切る障子戸は1間幅の広さ。壁面上部にはアクリル板を張り開放感を強調。

2階からLDKを見下ろす。高窓から柔らかな陽が降り注ぎ、LDK全体が明るく暖かなひだまりに包まれる。高窓に沿ってキャットウォークも設置。テーブルや窓側のスタディコーナー、TVボードはすべて造作家具。

2階からLDKを見下ろす。高窓から柔らかな陽が降り注ぎ、LDK全体が明るく暖かなひだまりに包まれる。高窓に沿ってキャットウォークも設置。テーブルや窓側のスタディコーナー、TVボードはすべて造作家具。

玄関の広い土間は多目的に使えて便利。収納も充分に確保。正面の障子の奥は和室、左側はLDK。

玄関の広い土間は多目的に使えて便利。収納も充分に確保。正面の障子の奥は和室、左側はLDK。

キッチンの隣に設けた家事コーナー。周囲の壁面には、しまうものに合わせて収納を確保。

キッチンの隣に設けた家事コーナー。周囲の壁面には、しまうものに合わせて収納を確保。

バルコニーにも深い軒がかかっているので、雨が降り込む心配がない。

バルコニーにも深い軒がかかっているので、雨が降り込む心配がない。

子ども部屋は将来的には中央に収納を設けて仕切れるようになっている。

子ども部屋は将来的には中央に収納を設けて仕切れるようになっている。

吹抜けに面した2階の手摺りには強化ガラスを使用。見通しがよく、家族のコミュニケーションも深まりそう。

吹抜けに面した2階の手摺りには強化ガラスを使用。見通しがよく、家族のコミュニケーションも深まりそう。

  • 吹抜けのあるリビング。天竜ヒノキの床の感触が心地よく、子どもたちは素足で駆けまわる。リビングと土間を仕切る障子戸は1間幅の広さ。壁面上部にはアクリル板を張り開放感を強調。
  • 2階からLDKを見下ろす。高窓から柔らかな陽が降り注ぎ、LDK全体が明るく暖かなひだまりに包まれる。高窓に沿ってキャットウォークも設置。テーブルや窓側のスタディコーナー、TVボードはすべて造作家具。
  • 玄関の広い土間は多目的に使えて便利。収納も充分に確保。正面の障子の奥は和室、左側はLDK。
  • キッチンの隣に設けた家事コーナー。周囲の壁面には、しまうものに合わせて収納を確保。
  • バルコニーにも深い軒がかかっているので、雨が降り込む心配がない。
  • 子ども部屋は将来的には中央に収納を設けて仕切れるようになっている。
  • 吹抜けに面した2階の手摺りには強化ガラスを使用。見通しがよく、家族のコミュニケーションも深まりそう。

コメント

素足の暮らしが心地いい! ひだまりの無垢の家

「掛川展示場に行く度に、長男が決まって靴下を脱ぐんです。ヒノキの階段が気持ちいいって……」と話すのは、『福工房』で憧れの木の家を実現したWさん。通りがかりにたまたま見つけた同社のモデルハウスを訪ねて以来、家族揃ってすっかり『福工房』ファンに。ご主人の考えた図面をベースにプロのノウハウをプラスして、理想の木の家が完成した。
 ご夫婦が希望したのは、3人のお子様がのびのびと過ごせる家。外観を特徴づける深い軒は、建物と家族を強い日射しや雨風から守ってくれる。玄関に広がるのは洗い出しの広い土間。これだけのスペースがあれば、DIYや子どもの遊び場にも使え、自転車を置いても余裕がありそうだ。続き間の和室を備えたLDKは、吹抜けのある開放的な空間。スタディコーナーや家事コーナー、奥様の使い勝手に合わせて造った収納など、暮らしに便利なしつらえが充実。
 晴れた日には高窓からさんさんと陽が注ぎ、家中に明るさをもたらしてくれる。さらに、2階の手摺り部分に強化ガラスを用いたことで、いっそう開放的な空間に。2階で遊ぶお子様がときどき吹抜けから階下の奥様の姿をのぞきに来ては、安心してまた遊びに戻るという微笑ましい光景も見られるという。木の床の感触が気持ちいいので、子どもたちは冬でも素足で過ごしているそう。ひだまりの家には、いつも愛らしい笑顔の花が咲いている。

ページトップ