浜松住宅総合館

愛知東部で家を建てるなら三河住宅総合館
工務店で探す
一覧へ戻る

インフィルプラス

窓がない外観からは想像できないほど明るくて開放的な室内。アカシアの無垢材でフロア全体を統一し、リビングの壁の一面をグレーの塗料でペイントしたことで、空間にアクセントを加えた。

窓がない外観からは想像できないほど明るくて開放的な室内。アカシアの無垢材でフロア全体を統一し、リビングの壁の一面をグレーの塗料でペイントしたことで、空間にアクセントを加えた。

質感と意匠にこだわりながら、プライバシーも重視した「HILLA-House」。従来の平屋のように広い土地がなくても建築可能。道路側には窓を一切設けず、モダンな雰囲気を強調する幅広の黒いガルバリウムを採用。

質感と意匠にこだわりながら、プライバシーも重視した「HILLA-House」。従来の平屋のように広い土地がなくても建築可能。道路側には窓を一切設けず、モダンな雰囲気を強調する幅広の黒いガルバリウムを採用。

外部からの視線をカットするため、敷地の中央部分に中庭を設け、それをぐるりと囲む空間設計が特徴。中庭から陽光が射し込み、心地よい風が抜けていく。閉鎖的なのに開放感がある、新しい平屋のスタイルだ。

外部からの視線をカットするため、敷地の中央部分に中庭を設け、それをぐるりと囲む空間設計が特徴。中庭から陽光が射し込み、心地よい風が抜けていく。閉鎖的なのに開放感がある、新しい平屋のスタイルだ。

キッチンから寝室へと続く廊下は、同社が得意とする無機質なモルタルの床を採用。

キッチンから寝室へと続く廊下は、同社が得意とする無機質なモルタルの床を採用。

寝室から中庭を臨む。外と中を結ぶウッドデッキはアウターリビングとして大活躍。

寝室から中庭を臨む。外と中を結ぶウッドデッキはアウターリビングとして大活躍。

広い中庭は、もう1つの部屋のような心地いい中間領域。昼も夜もカーテンを閉めずに生活できるプライベート感が嬉しい。

広い中庭は、もう1つの部屋のような心地いい中間領域。昼も夜もカーテンを閉めずに生活できるプライベート感が嬉しい。

  • 窓がない外観からは想像できないほど明るくて開放的な室内。アカシアの無垢材でフロア全体を統一し、リビングの壁の一面をグレーの塗料でペイントしたことで、空間にアクセントを加えた。
  • 質感と意匠にこだわりながら、プライバシーも重視した「HILLA-House」。従来の平屋のように広い土地がなくても建築可能。道路側には窓を一切設けず、モダンな雰囲気を強調する幅広の黒いガルバリウムを採用。
  • 外部からの視線をカットするため、敷地の中央部分に中庭を設け、それをぐるりと囲む空間設計が特徴。中庭から陽光が射し込み、心地よい風が抜けていく。閉鎖的なのに開放感がある、新しい平屋のスタイルだ。
  • キッチンから寝室へと続く廊下は、同社が得意とする無機質なモルタルの床を採用。
  • 寝室から中庭を臨む。外と中を結ぶウッドデッキはアウターリビングとして大活躍。
  • 広い中庭は、もう1つの部屋のような心地いい中間領域。昼も夜もカーテンを閉めずに生活できるプライベート感が嬉しい。

コメント

ミニマルな暮らしを叶える上質なHILLA-House

子育て環境に恵まれた自然豊かなロケーションに、あこがれの平屋の家を建てたSさん。「同じ分譲地内に建っていた『インフィルプラス』さんの
「HILLA-House」を見て、〝こんなカッコいい家に住みたい!〟と思ったんです」と奥様が微笑む。
 外観は潔いほど無駄を省いた直線的なデザインで、道路側には窓が一切ない。最大の特徴は、これまでの平屋の概念を覆した、小さな敷地でも開放感あふれる日当たりのいい平屋を実現したこと。コの字型に囲んだ建物の中央部に中庭を設けたことで、室内全体にムラなく陽光が降り注ぎ、爽やかな風が通り抜ける。22坪というコンパクトなサイズと、1フロアで生活が完結するシンプルな間取りは、共働き夫婦に最適なミニマルな暮らしを叶えてくれる。それでいながら、質感と意匠は上質。無垢のアカシアの床に合わせてコーディネートされたリビングは、無機質なデザインの中にも木の温かみを感じさせ、室内のどこにいても落ち着ける。また、リビングを北側に配置したことで、たとえ南側に大きな建物が建っても日当たりを妨害される心配がない。さらに、外気温の影響を受けにくい外張り断熱による高気密・高断熱の家は、次世代まで安心して快適に住み継ぐことができる。  
 コンパクトな敷地に自分たちの必要なだけの空間があればいい。新感覚の平屋はそんなシンプルな暮らしを望むご夫妻の手にぴったりと馴染んでいる。

ページトップ