浜松住宅総合館

愛知東部で家を建てるなら三河住宅総合館
工務店で探す
一覧へ戻る

幸和ハウジング(浜松市)

2階リビングはSE構法ならではの大空間。ダイニングの床はヘリンボーン張りを採用し、空間にメリハリを。天井は工場などで使われる断熱性、調湿性の高い木毛セメントを張った。

2階リビングはSE構法ならではの大空間。ダイニングの床はヘリンボーン張りを採用し、空間にメリハリを。天井は工場などで使われる断熱性、調湿性の高い木毛セメントを張った。

ご主人が独身時代から買い集めた家具や照明が、住むほどに味が出るヴィンテージ感のある空間にベストマッチ。タイルは床暖房仕様で3階までポカポカ。ダイニングの横に手洗い専用のシンクを設置した。

ご主人が独身時代から買い集めた家具や照明が、住むほどに味が出るヴィンテージ感のある空間にベストマッチ。タイルは床暖房仕様で3階までポカポカ。ダイニングの横に手洗い専用のシンクを設置した。

3階のファミリースペースは、120インチの大画面でDVDを楽しむホームシアター。高気密・高断熱設計で、大音量でも外に音が漏れない。スクリーンを収納すればワイドなピクチャーウインドー越しに青空が見える。

3階のファミリースペースは、120インチの大画面でDVDを楽しむホームシアター。高気密・高断熱設計で、大音量でも外に音が漏れない。スクリーンを収納すればワイドなピクチャーウインドー越しに青空が見える。

バスルームに直結で、床を一段下げた主寝室はホテルのような安らぎをもたらす。

バスルームに直結で、床を一段下げた主寝室はホテルのような安らぎをもたらす。

自転車と靴をディスプレイした玄関ホールは、おしゃれなブティックのよう。

自転車と靴をディスプレイした玄関ホールは、おしゃれなブティックのよう。

オールステンレスでオーダーメイドしたシステムキッチン。車の部品を取手に使い、ニュアンスを出した。

オールステンレスでオーダーメイドしたシステムキッチン。車の部品を取手に使い、ニュアンスを出した。

  • 2階リビングはSE構法ならではの大空間。ダイニングの床はヘリンボーン張りを採用し、空間にメリハリを。天井は工場などで使われる断熱性、調湿性の高い木毛セメントを張った。
  • ご主人が独身時代から買い集めた家具や照明が、住むほどに味が出るヴィンテージ感のある空間にベストマッチ。タイルは床暖房仕様で3階までポカポカ。ダイニングの横に手洗い専用のシンクを設置した。
  • 3階のファミリースペースは、120インチの大画面でDVDを楽しむホームシアター。高気密・高断熱設計で、大音量でも外に音が漏れない。スクリーンを収納すればワイドなピクチャーウインドー越しに青空が見える。
  • バスルームに直結で、床を一段下げた主寝室はホテルのような安らぎをもたらす。
  • 自転車と靴をディスプレイした玄関ホールは、おしゃれなブティックのよう。
  • オールステンレスでオーダーメイドしたシステムキッチン。車の部品を取手に使い、ニュアンスを出した。

コメント

住むほどにヴィンテージの輝きを増していく家

美術館巡りが大好きで、作品だけでなく、建物のデザインや素材まで気になるというSさん。そんなセンス抜群のご夫婦が目指したのは、「時とともにヴィンテージとなっていく家」。極限まで無駄を削ぎ落とした外観は、スクエアなフォルムと白い横波のガルバリウムでカッコよさを追求している。
 玄関を入ると、壁一面にきれいな靴が整然と並べられ、まるでアート作品のよう。奥様いちばんのこだわりが1階の主寝室で、一段下げたピットラウンジにしたことでオンからオフへの切り替えがスムーズに。交通量が激しい立地でプライバシーを確保するため、生活の中心となるLDKは2階にした。
 リビングに入って驚いたのは大迫力のピクチャーウインドーで、宙に浮いているかのような贅沢な景色を楽しめる。木造でこれほど開放的な空間が実現できるのは『幸和ハウジング』が得意とするSE構法によるもの。モダンなインテリアの中にどこか古びた味わいを感じるのは、工場などで使われる素材を随所に取り入れているからだろう。3階は120インチのスクリーンで映画鑑賞できるホームシアター、さらに屋上庭園のような広いバルコニーを設置。長い庇が夏の直射日光を遮り、冬は部屋の奥までひだまりを届けてくれる。
 〝デザインと住み心地〟のバランスが絶妙にとれたS邸。子どもたちの成長とともにどんな経年美を見せてくれるのか、ご夫婦は楽しみにしている。

■この家を建てた施工会社は
ページトップ