浜松住宅総合館

愛知東部で家を建てるなら三河住宅総合館
静岡県中東部の工務店・建築家と家を建てる
工務店で探す
一覧へ戻る

オバタ工務店(磐田市)

吹抜けのあるモダンなリビング。子どもたちが大きくなっても家族がいつも顔を合わせて会話ができるようにリビング階段を設置。正面のTVボードは『オバタ工務店』のオリジナル。

吹抜けのあるモダンなリビング。子どもたちが大きくなっても家族がいつも顔を合わせて会話ができるようにリビング階段を設置。正面のTVボードは『オバタ工務店』のオリジナル。

白×黒の鏡面仕上げのスタイリッシュなオープンキッチン。簡単な食事をとったり、子どもが勉強したりできるように、カウンタースペースを広々と確保。キッチンに立てばリビングと2階が見渡せる。壁面に収納も充分に設けてある。

白×黒の鏡面仕上げのスタイリッシュなオープンキッチン。簡単な食事をとったり、子どもが勉強したりできるように、カウンタースペースを広々と確保。キッチンに立てばリビングと2階が見渡せる。壁面に収納も充分に設けてある。

縦長の窓がスタイリッシュな玄関。シューズクロークを設け、家族全員の靴やアウトドアグッズを収納。

縦長の窓がスタイリッシュな玄関。シューズクロークを設け、家族全員の靴やアウトドアグッズを収納。

ポーチは格子戸で外の視線を遮り、玄関ドア以外に、リビング側とダイニング側に掃出し窓を設けてある。

ポーチは格子戸で外の視線を遮り、玄関ドア以外に、リビング側とダイニング側に掃出し窓を設けてある。

2階のフリースペースにはスタディカウンターがあり、子どもが勉強する横でご主人が仕事をすることも。

2階のフリースペースにはスタディカウンターがあり、子どもが勉強する横でご主人が仕事をすることも。

シンプルモダンな外観は玄関ポーチの格子戸がアクセント。2階の中央の凹部分はベランダになっている。

シンプルモダンな外観は玄関ポーチの格子戸がアクセント。2階の中央の凹部分はベランダになっている。

キッチンの奥には洗面・浴室、家事室を設け機能的な動線を確保。仕切りには透明なサッシを用い開放感を強調した。

キッチンの奥には洗面・浴室、家事室を設け機能的な動線を確保。仕切りには透明なサッシを用い開放感を強調した。

  • 吹抜けのあるモダンなリビング。子どもたちが大きくなっても家族がいつも顔を合わせて会話ができるようにリビング階段を設置。正面のTVボードは『オバタ工務店』のオリジナル。
  • 白×黒の鏡面仕上げのスタイリッシュなオープンキッチン。簡単な食事をとったり、子どもが勉強したりできるように、カウンタースペースを広々と確保。キッチンに立てばリビングと2階が見渡せる。壁面に収納も充分に設けてある。
  • 縦長の窓がスタイリッシュな玄関。シューズクロークを設け、家族全員の靴やアウトドアグッズを収納。
  • ポーチは格子戸で外の視線を遮り、玄関ドア以外に、リビング側とダイニング側に掃出し窓を設けてある。
  • 2階のフリースペースにはスタディカウンターがあり、子どもが勉強する横でご主人が仕事をすることも。
  • シンプルモダンな外観は玄関ポーチの格子戸がアクセント。2階の中央の凹部分はベランダになっている。
  • キッチンの奥には洗面・浴室、家事室を設け機能的な動線を確保。仕切りには透明なサッシを用い開放感を強調した。

コメント

透け感を活かして、家族が会話を楽しめる家

黒で統一したシンプルモダンな外観。ご主人のアイデアで、中央の玄関ポーチを格子戸で隠してある。「こうすれば子どもの自転車を置けるし、周囲の目を気にせずリビングとダイニングの掃出し窓をいつでもオープンにしておけます。いずれはポーチに趣味のオートバイをギャラリーのように飾って、LDKから眺められたら最高ですね」とご主人。ご本人が考えた設計をベースに『オバタ工務店』の提案力と技術力を加えて、こだわりの詰まった家が完成した。
 室内は家族と一緒に過ごす時間を重視して間取りをデザイン。LDKにはリビング階段を設け、家族が常に顔を合わせて会話が生まれやすいよう配慮。吹抜けに面した2階の壁は固定のサッシにして「透け感」を強調し、1階から2階を見渡せるようにした。また、スタディコーナーでは子どもが勉強する横でご主人が仕事をし、親子のふれあいに役立っている。
 一方、水廻りスペースはキッチンと洗面・浴室・家事室を一列に配置して、家事がはかどる動線を実現。家事室では洗濯物の整理やアイロンがけをする以外に、「いずれはアロマの勉強やパン作りにも利用したいです」と奥様。最近ではオープンキッチンを囲んでお子様がよく手伝いをしてくれるようにもなったという。透け感を活かした開放的な住まいには、いつも家族の笑顔がきらめいている。

■この家を建てた施工会社は
ページトップ