浜松住宅総合館

愛知東部で家を建てるなら三河住宅総合館
工務店で探す
一覧へ戻る

小笠原建設(浜松)

リビングとダイニングの間にある吹抜けの小上がり。障子戸を開け閉めすることで多様なシーンに対応できる。また、吹抜けを通じて1階と2階がつながり、家族の絆も深められる。

リビングとダイニングの間にある吹抜けの小上がり。障子戸を開け閉めすることで多様なシーンに対応できる。また、吹抜けを通じて1階と2階がつながり、家族の絆も深められる。

和モダンと北欧テイストを融合したリビング。カエデの床にパインの腰壁、珪藻土塗りの壁を組み合わせたナチュラルな空間が心地良い。道路に面した窓はスリット状にして乳白色のガラスブロックを用いプライベートに配慮。

和モダンと北欧テイストを融合したリビング。カエデの床にパインの腰壁、珪藻土塗りの壁を組み合わせたナチュラルな空間が心地良い。道路に面した窓はスリット状にして乳白色のガラスブロックを用いプライベートに配慮。

手編みの網代や木小舞天井等、匠の技が冴える数寄屋風の和室。これ程の造作が可能な匠は今や数少ない。

手編みの網代や木小舞天井等、匠の技が冴える数寄屋風の和室。これ程の造作が可能な匠は今や数少ない。

玄関の正面にある小上がりの書斎には掘り炬燵式のカウンターを配置。隠れ家的な雰囲気に癒される。

玄関の正面にある小上がりの書斎には掘り炬燵式のカウンターを配置。隠れ家的な雰囲気に癒される。

キッチンは水色×グレーのバイカラーで北欧風に演出。玄関のRの壁の裏側は家事コーナーに利用。

キッチンは水色×グレーのバイカラーで北欧風に演出。玄関のRの壁の裏側は家事コーナーに利用。

大勢のゲストに対応できる開放的なダイニング。小上がりの障子戸を開け放てばリビングまで見渡せる。

大勢のゲストに対応できる開放的なダイニング。小上がりの障子戸を開け放てばリビングまで見渡せる。

玄関には名匠の緻密な手仕事によるRの形の板張りの壁を配置。意匠的な役割を果たしつつ、空間の広がりを強調している。

玄関には名匠の緻密な手仕事によるRの形の板張りの壁を配置。意匠的な役割を果たしつつ、空間の広がりを強調している。

  • リビングとダイニングの間にある吹抜けの小上がり。障子戸を開け閉めすることで多様なシーンに対応できる。また、吹抜けを通じて1階と2階がつながり、家族の絆も深められる。
  • 和モダンと北欧テイストを融合したリビング。カエデの床にパインの腰壁、珪藻土塗りの壁を組み合わせたナチュラルな空間が心地良い。道路に面した窓はスリット状にして乳白色のガラスブロックを用いプライベートに配慮。
  • 手編みの網代や木小舞天井等、匠の技が冴える数寄屋風の和室。これ程の造作が可能な匠は今や数少ない。
  • 玄関の正面にある小上がりの書斎には掘り炬燵式のカウンターを配置。隠れ家的な雰囲気に癒される。
  • キッチンは水色×グレーのバイカラーで北欧風に演出。玄関のRの壁の裏側は家事コーナーに利用。
  • 大勢のゲストに対応できる開放的なダイニング。小上がりの障子戸を開け放てばリビングまで見渡せる。
  • 玄関には名匠の緻密な手仕事によるRの形の板張りの壁を配置。意匠的な役割を果たしつつ、空間の広がりを強調している。

コメント

意匠と伝統技の粋を極めた数寄屋モダンの家

『小笠原建設』は、卓抜な設計力と施工力を兼ね備えた実力派工務店。同社のモデルハウスにはこれまでに幅広い世代の人々が訪れ、造作の見事さと数寄屋モダンの斬新な意匠が感動を呼んでいる。
 浜松には代々「傳九郎」と名乗る有名な数寄屋大工がいた。その下で13歳の頃から修行を重ねた「小笠原徳一」もまた名匠として知られた人物だ。徳一は『小笠原建設』の創業者でもあり、現会長の父親にあたる。このモデルハウスの施工も徳一の血を受け継ぐ自社大工が手がけたものだ。
 まず玄関に入ると目を奪われるのは、R型の板張りの壁。曲線を板張りで表現するのは名匠にしか成し得ない至難の技。LDKで注目すべきはダイニングとリビングの間に設けた吹抜けの小上がりで、引き込み障子や3枚建ての障子を開け閉めすることでフレキシブルな利用が可能だ。すべての障子を開け放てば開放感を楽しめ、ダイニングとリビングのどちらかを閉め切れば来客時等の様々なシーンに対応、逆に全て閉めきれば小上がりをゲストルームに利用できる。また、室内は風通しを重視し、窓の位置や形状を充分に検討した結果、夏も冬も自然室温で充分快適な環境を実現。さらに、匠の手による手編みの網代天井や緻密な造作が見事な数寄屋造りの和室も他ではお目にかかれない贅沢な空間だ。プロも一目置く建物をぜひ体感してほしい。

■この家を建てた施工会社は
ページトップ