浜松住宅総合館

愛知東部で家を建てるなら三河住宅総合館
工務店で探す
一覧へ戻る

ヒロノ アソシエイツ 一級建築士 事務所(浜松市)

屋根勾配を活かした開放的なLDK

屋根勾配を活かした開放的なLDK

天然の色土を使った外壁

天然の色土を使った外壁

親世帯、子世帯の共用空間

親世帯、子世帯の共用空間

葦を材料とした天井

葦を材料とした天井

  • 屋根勾配を活かした開放的なLDK
  • 天然の色土を使った外壁
  • 親世帯、子世帯の共用空間
  • 葦を材料とした天井

コメント

屋根勾配を活かした開放的なLDK

1階親世帯、2階が子世帯の二世帯住宅。
親世帯の廊下と子世帯の玄関ホールが共用空間。
経年変化を楽しめる以下の自然素材を使用しています。
1.無垢の床材:タモ、クルミ、オーク等
2.火山灰(シラス)を原料とした薩摩中霧島壁
3.天然の色土、漆喰、天然の糊で作られた壁材「洛土」
4.沖縄県の植物(草木)月桃を原料とした壁紙「月桃紙」
5.ミツバチが生産する蜜ロウとエゴマ油(植物油)から作られた「未晒し蜜ロウワックス」
6.天然の色土を使った外壁材
7.葦を材料とした天井材
8.福島県産の天然素材の伝統和紙「越前和紙」

■この家を建てた施工会社は
ヒロノ アソシエイツ 一級建築士 事務所(浜松市)


ページトップ