浜松住宅総合館

愛知東部で家を建てるなら三河住宅総合館
静岡県中東部の工務店・建築家と家を建てる
工務店で探す
一覧へ戻る

オバタ工務店(磐田市)

広々としたLDKと、続き間の和室。室内は全室バリアフリーなので、移動も安全・楽々。和室の天井には旧宅の松の踏み板を再利用。旧宅の想い出を懐かしみながら、心が安らぐ空間を創出した。

広々としたLDKと、続き間の和室。室内は全室バリアフリーなので、移動も安全・楽々。和室の天井には旧宅の松の踏み板を再利用。旧宅の想い出を懐かしみながら、心が安らぐ空間を創出した。

無節の雲杉の床と、ダイナミックなヒノキの梁。木の目利きが唸るような上質材を用いたLDKは、家族やご近所仲間が大勢集まるゆとりの空間。飾り棚やテーブルは『オバタ工務店』のオリジナル。

無節の雲杉の床と、ダイナミックなヒノキの梁。木の目利きが唸るような上質材を用いたLDKは、家族やご近所仲間が大勢集まるゆとりの空間。飾り棚やテーブルは『オバタ工務店』のオリジナル。

人が集まるLDK空間と、寝室や洗面・浴室といったプライベート空間を仕切るための格子。壁のような圧迫感がなく、廊下の明かりとりにも役立つ上に、広い空間のアクセントとしても活かされている。

人が集まるLDK空間と、寝室や洗面・浴室といったプライベート空間を仕切るための格子。壁のような圧迫感がなく、廊下の明かりとりにも役立つ上に、広い空間のアクセントとしても活かされている。

明るく使い勝手のいい対面キッチン。ワークスペースにも余裕を持たせてある。

明るく使い勝手のいい対面キッチン。ワークスペースにも余裕を持たせてある。

大屋根のかかった堂々たる佇まいは壮観。外壁と同様に柱も塗り壁仕様で統一。

大屋根のかかった堂々たる佇まいは壮観。外壁と同様に柱も塗り壁仕様で統一。

玄関の大黒柱は日光杉。「蟹杢」という稀少な木目に目を奪われる。正面の床の間の框は旧宅の大黒柱を再利用。

玄関の大黒柱は日光杉。「蟹杢」という稀少な木目に目を奪われる。正面の床の間の框は旧宅の大黒柱を再利用。

  • 広々としたLDKと、続き間の和室。室内は全室バリアフリーなので、移動も安全・楽々。和室の天井には旧宅の松の踏み板を再利用。旧宅の想い出を懐かしみながら、心が安らぐ空間を創出した。
  • 無節の雲杉の床と、ダイナミックなヒノキの梁。木の目利きが唸るような上質材を用いたLDKは、家族やご近所仲間が大勢集まるゆとりの空間。飾り棚やテーブルは『オバタ工務店』のオリジナル。
  • 人が集まるLDK空間と、寝室や洗面・浴室といったプライベート空間を仕切るための格子。壁のような圧迫感がなく、廊下の明かりとりにも役立つ上に、広い空間のアクセントとしても活かされている。
  • 明るく使い勝手のいい対面キッチン。ワークスペースにも余裕を持たせてある。
  • 大屋根のかかった堂々たる佇まいは壮観。外壁と同様に柱も塗り壁仕様で統一。
  • 玄関の大黒柱は日光杉。「蟹杢」という稀少な木目に目を奪われる。正面の床の間の框は旧宅の大黒柱を再利用。

コメント

旧宅の古材を再利用!信頼で築いた平屋の家

昔、家を建てる時には「近所の大工さん」に頼むのが常だった。そして、建てた後もずっとこまめに面倒をみてもらえたのである。『オバタ工務店』の周辺には、そんな古き良き慣習が今もしっかりと息づいている。それは、同社が地域の人々の信頼を損なうことのないように、どの家にも最高のものを提供するという姿勢を貫いてきたからだろう。今回ご紹介するのも、同社と馴染みの深いSさんの新居だ。
 築55年になる旧宅を建替えることにしたSさん。広大な敷地に延床46坪もの平屋を実現した。玄関の正面には稀少な日光杉の大黒柱。上質な無節の雲杉の板張りの床が左右に広がる。Sさん宅は何かと人が寄る機会が多いため、LDKは20畳もの広さを確保。家族やご近所仲間が一度に大勢集まれる空間を実現した。また、家事や移動がしやすいように回遊式の動線をとり入れるなど、実際の暮らしに合った機能的な間取りがなされている。
 さらに、続き間の和室には旧宅の松の踏み天井を再利用。ご家族の旧宅への愛着を思いやり、その面影を生き生きと受け継いだ。玄関の床の間の框にも旧宅の大黒柱を再利用している。
「工事の際には、仮設住宅の設備も、引越しの手伝いも、家具の搬入も全部『オバタ』さんがやってくれたので、何も不自由なく入居できました」とご夫婦。建てた後もずっと安心の家で、来客を笑顔で迎える毎日だ。

■この家を建てた施工会社は
ページトップ