浜松住宅総合館

愛知東部で家を建てるなら三河住宅総合館
工務店で探す
一覧へ戻る

デザインハウス(浜松市)

LDKはリビングの床を下げてゾーニング。木部とのトータルバランスに配慮し、床にはカーペットやタイルを使用。リビングの石壁とその延長線上の外壁を同素材で仕上げ、内から外への空間の広がりを強調。

LDKはリビングの床を下げてゾーニング。木部とのトータルバランスに配慮し、床にはカーペットやタイルを使用。リビングの石壁とその延長線上の外壁を同素材で仕上げ、内から外への空間の広がりを強調。

オリジナルのアイランドキッチンは奥様が料理教室を開くためスペースを広々と確保。電化製品や小物類など生活感のあるものは全て扉内に収め、美しさをキープ。坪庭を挟んだ先にダイニングを配置。

オリジナルのアイランドキッチンは奥様が料理教室を開くためスペースを広々と確保。電化製品や小物類など生活感のあるものは全て扉内に収め、美しさをキープ。坪庭を挟んだ先にダイニングを配置。

外観の一部にリビングと同じ石壁を用い、アクセントに生かしている。外構との統一美も意識した。

外観の一部にリビングと同じ石壁を用い、アクセントに生かしている。外構との統一美も意識した。

オリジナルデザインのステンドグラスと石の壁、異素材の絶妙な組み合わせが個性的な玄関。

オリジナルデザインのステンドグラスと石の壁、異素材の絶妙な組み合わせが個性的な玄関。

白が基調の清楚な寝室はリゾートホテルの一室のよう。階段に面した壁にも窓を設け、明るさと開放感を確保している。

白が基調の清楚な寝室はリゾートホテルの一室のよう。階段に面した壁にも窓を設け、明るさと開放感を確保している。

階段の真上に見えるのは寝室のFIX窓。ステンドグラスはご主人のデザイン。

階段の真上に見えるのは寝室のFIX窓。ステンドグラスはご主人のデザイン。

洗面コーナーは壁一面を鏡張りに。ガラスのドアごしに浴室の先の裏庭の景色が見え、開放感を感じさせる。

洗面コーナーは壁一面を鏡張りに。ガラスのドアごしに浴室の先の裏庭の景色が見え、開放感を感じさせる。

  • LDKはリビングの床を下げてゾーニング。木部とのトータルバランスに配慮し、床にはカーペットやタイルを使用。リビングの石壁とその延長線上の外壁を同素材で仕上げ、内から外への空間の広がりを強調。
  • オリジナルのアイランドキッチンは奥様が料理教室を開くためスペースを広々と確保。電化製品や小物類など生活感のあるものは全て扉内に収め、美しさをキープ。坪庭を挟んだ先にダイニングを配置。
  • 外観の一部にリビングと同じ石壁を用い、アクセントに生かしている。外構との統一美も意識した。
  • オリジナルデザインのステンドグラスと石の壁、異素材の絶妙な組み合わせが個性的な玄関。
  • 白が基調の清楚な寝室はリゾートホテルの一室のよう。階段に面した壁にも窓を設け、明るさと開放感を確保している。
  • 階段の真上に見えるのは寝室のFIX窓。ステンドグラスはご主人のデザイン。
  • 洗面コーナーは壁一面を鏡張りに。ガラスのドアごしに浴室の先の裏庭の景色が見え、開放感を感じさせる。

コメント

非日常を謳歌するクラシカルモダンな家

新しさの中に息づくクラシカルな普遍性。この美しい空間は、ダイニングの中央に佇むアンティーク・テーブルをベースにデザインされている。ローズウッドの木目に合わせて、キッチンも、木製サッシも、建具も、家具も、木部は全て同色で統一。異素材の色合わせは至難の技だったが、家づくりにおいて妥協を許さない『デザインハウス』の基本姿勢を貫き、現場で何度も塗替えをして、完璧なまでに統一感溢れる空間が実現した。
 LDKはリビングの床を下げ、視線に変化をもたらすことでゾーニング。特筆すべきは、キッチンとダイニングの間に坪庭を挟み、あえて距離をとってあること。家族やゲストにディナーを心ゆくまで愉しんでもらうため、キッチンで動き回る気配を感じさせたくないという奥様の心配りによるものだ。料理をサーブするひと手間も、「食」の演出に欠かせないシーンだという。つまり、子育てや家事の利便性よりも、いかに心豊かに過ごせるかが、この家の一貫したコンセプトなのである。
「この家にずっと住むのは私たち夫婦。だから、子どもたちではなく自分たち好みの家を建てようって2人で決めたんです。私たちの考えや美意識を結集したこの家を、子ども達もとても気に入ってくれています」と奥様。日常の中で非日常を謳歌するデザイン空間は、私たちが忘れかけている大切な何かを問いかけている気がした。

■この家を建てた施工会社は
ページトップ