浜松住宅総合館

愛知東部で家を建てるなら三河住宅総合館
工務店で探す
一覧へ戻る

住たくeco工房(浜松市)

キッチンから吹抜けのあるリビングを眺める。天井は杉の梁を見せて白いクロスを張り、すっきりとシンプルに仕上げている。床は杉板の浮造り。南側の全面に設けた窓から室内にたっぷりと陽が注ぐ。

キッチンから吹抜けのあるリビングを眺める。天井は杉の梁を見せて白いクロスを張り、すっきりとシンプルに仕上げている。床は杉板の浮造り。南側の全面に設けた窓から室内にたっぷりと陽が注ぐ。

リビングの隣に設けた小上がりの畳スペース。ロールスクリーンで仕切ることもできるので、子どものお昼寝や遊び場、ゲストルームとしても活躍。壁に設けた明かりとりのガラスブロックがアクセントに。

リビングの隣に設けた小上がりの畳スペース。ロールスクリーンで仕切ることもできるので、子どものお昼寝や遊び場、ゲストルームとしても活躍。壁に設けた明かりとりのガラスブロックがアクセントに。

リビングの南面のデッキでは犬と子どもがドッグランで戯れる姿を眺めながらのんびり日向ぼっこ。

リビングの南面のデッキでは犬と子どもがドッグランで戯れる姿を眺めながらのんびり日向ぼっこ。

2階では、吹抜けの上にロフトを設けて空間を有効利用。カウンターはご主人の書斎として活躍。

2階では、吹抜けの上にロフトを設けて空間を有効利用。カウンターはご主人の書斎として活躍。

清楚な印象のトイレ。陶器のボウルや板張りの壁・天井が温かみを感じさせる。

清楚な印象のトイレ。陶器のボウルや板張りの壁・天井が温かみを感じさせる。

愛犬家住宅コーディネーターの細やかな配慮が活かされたドッグスペース。

愛犬家住宅コーディネーターの細やかな配慮が活かされたドッグスペース。

ガルバリウムの外壁に木のアクセントを施したモダンな外観。デッキの前にはドッグランが広がっている。

ガルバリウムの外壁に木のアクセントを施したモダンな外観。デッキの前にはドッグランが広がっている。

  • キッチンから吹抜けのあるリビングを眺める。天井は杉の梁を見せて白いクロスを張り、すっきりとシンプルに仕上げている。床は杉板の浮造り。南側の全面に設けた窓から室内にたっぷりと陽が注ぐ。
  • リビングの隣に設けた小上がりの畳スペース。ロールスクリーンで仕切ることもできるので、子どものお昼寝や遊び場、ゲストルームとしても活躍。壁に設けた明かりとりのガラスブロックがアクセントに。
  • リビングの南面のデッキでは犬と子どもがドッグランで戯れる姿を眺めながらのんびり日向ぼっこ。
  • 2階では、吹抜けの上にロフトを設けて空間を有効利用。カウンターはご主人の書斎として活躍。
  • 清楚な印象のトイレ。陶器のボウルや板張りの壁・天井が温かみを感じさせる。
  • 愛犬家住宅コーディネーターの細やかな配慮が活かされたドッグスペース。
  • ガルバリウムの外壁に木のアクセントを施したモダンな外観。デッキの前にはドッグランが広がっている。

コメント

愛犬と家族が楽しく暮らすカフェスタイルの家

ほどよい広さの吹抜けと大窓から降り注ぐ柔らかな光、素足が心地いい浮造りの杉板張りの床、小上がりの和室……コンパクトな空間に、暮らしやすさと快適さを生み出す要素がたっぷり詰まったNさんの住まい。
 LDKのソファセットやTVボード、カウンターは全て『住たくeco工房』の創作家具で統一し、シンプル&ナチュラルなカフェスタイルの空間が実現した。また、愛犬も快適に暮らせるようにと、LDKの一角に愛犬スペースを設置。「愛犬家住宅コーディネーターのスタッフさんが、的確な助言を沢山してくれたので助かりました」と奥様。
 キッチンスペースは使い勝手を重視。回遊式の動線や、ゴミ箱用の壁面収納、マグネットボードの壁、マガジンラックなど、便利な機能がたくさん備わっている。その他、吹抜けを有効利用したロフトなど、空間を無駄なく使いこなせるグッドアイデアが満載だ。
『住たくeco工房』の住まいは、デザインや暮らしやすさだけでなく、構造にもこだわりがある。木材には地元の天竜材を用い、長期優良住宅にも対応。見えない構造部分までシロアリや湿気に強いヒノキ材を使用している。「しかも、私たちのリクエストをすべて取り入れた家がこれだけ低価格で叶うとは思いませんでした」と大満足のご夫妻。マイルームもドッグランもある快適な住まいに、ワンちゃんまでもがご満悦の様子だった。

■この家を建てた施工会社は
ページトップ