浜松住宅総合館

愛知東部で家を建てるなら三河住宅総合館
工務店で探す
一覧へ戻る

カネタケ竹内建築(浜松市)

バリスタイルのLDKは漆喰と厳選国産材を用いた上質な空間。石のレリーフや組子の建具はすべてオリジナル商品。「高い天井、漆喰の白壁、落ち着いた柱の色、建具の雰囲気すべてお気に入りです」とご夫婦。

バリスタイルのLDKは漆喰と厳選国産材を用いた上質な空間。石のレリーフや組子の建具はすべてオリジナル商品。「高い天井、漆喰の白壁、落ち着いた柱の色、建具の雰囲気すべてお気に入りです」とご夫婦。

LDKの南面に広がるテラスは、ガーデンパーティを楽しむことのできる空間。全開口型の窓を開け放てば、テラスが一体化し外へと広がる。庭を眺めながらアフタヌーンティーを楽しむのが奥様の夢。

LDKの南面に広がるテラスは、ガーデンパーティを楽しむことのできる空間。全開口型の窓を開け放てば、テラスが一体化し外へと広がる。庭を眺めながらアフタヌーンティーを楽しむのが奥様の夢。

キッチンとスタディルームの間に大きな開口を設け、親子のコミュニケーションを大切にした間取りに。

キッチンとスタディルームの間に大きな開口を設け、親子のコミュニケーションを大切にした間取りに。

バリテイストの和室は壁の色を変え、リビングより一段高くすることでお客様をお迎えするに相応しい設い。

バリテイストの和室は壁の色を変え、リビングより一段高くすることでお客様をお迎えするに相応しい設い。

洗面台から鏡に至るまでカネタケオリジナル。統一されバリテイストの空間に。

洗面台から鏡に至るまでカネタケオリジナル。統一されバリテイストの空間に。

キッチン側から眺めた開放感のある高い天井のリビング。庭全体も見渡せる。

キッチン側から眺めた開放感のある高い天井のリビング。庭全体も見渡せる。

ゲストを気持ちよくもてなすための手洗いスペース。洗面ボウルは古い雑誌を頼りに取り寄せてもらったもの。

ゲストを気持ちよくもてなすための手洗いスペース。洗面ボウルは古い雑誌を頼りに取り寄せてもらったもの。

  • バリスタイルのLDKは漆喰と厳選国産材を用いた上質な空間。石のレリーフや組子の建具はすべてオリジナル商品。「高い天井、漆喰の白壁、落ち着いた柱の色、建具の雰囲気すべてお気に入りです」とご夫婦。
  • LDKの南面に広がるテラスは、ガーデンパーティを楽しむことのできる空間。全開口型の窓を開け放てば、テラスが一体化し外へと広がる。庭を眺めながらアフタヌーンティーを楽しむのが奥様の夢。
  • キッチンとスタディルームの間に大きな開口を設け、親子のコミュニケーションを大切にした間取りに。
  • バリテイストの和室は壁の色を変え、リビングより一段高くすることでお客様をお迎えするに相応しい設い。
  • 洗面台から鏡に至るまでカネタケオリジナル。統一されバリテイストの空間に。
  • キッチン側から眺めた開放感のある高い天井のリビング。庭全体も見渡せる。
  • ゲストを気持ちよくもてなすための手洗いスペース。洗面ボウルは古い雑誌を頼りに取り寄せてもらったもの。

コメント

バリスタイルの「我が家リゾート」で非日常を満喫

他とはちょっとだけ違う、自分たちらしい家を建てたい」と希望したSさん。『カネタケ竹内建築』が提供する「新バリスタイルの家」の開放感や素材感に惹かれ、家づくりを依頼した。以前に海外旅行で滞在したヴィラの居心地がとてもよかったため、建物の造りはカネタケさんに提案してもらい平屋建てに。さらに、天井は高く、空間は広くしたいと希望。その結果、ノスタルジックなバリテイストと高級リゾートの洗練さを併せ持つ、まさにデラックス・ヴィラのような家が実現した。
 家族全員が集うLDKは、天井の大胆な梁組みが見事な空間。野物(のもの)の梁や棟までそびえる45センチ角、高さ5メートルのどっしりとした大黒柱にはすべて上質な国産材が使われており、居心地の良い空間を創り出している。全開口型の窓を開け放てば、リビングが外のテラスとつながり、いっそうのびやかな非日常空間を愉しめる。床暖房も設けてあるので、オープンなLDKが冬でも充分に暖かい。一方、暮らしやすさにもこだわり、リビングを中心に多方向へ動ける生活動線を確保。リビングの奥の小上がりの和室は、玄関からも直接出入りができるので、ゲストルームとして使う際にも好都合だ。「どの空間も想像通り快適な住み心地。デザインも家族全員とても気に入っています」とSさん。バリのヴィラのような非日常空間で、「我が家リゾート」を満喫する毎日だ。

■この家を建てた施工会社は
ページトップ