浜松住宅総合館

愛知東部で家を建てるなら三河住宅総合館
工務店で探す
一覧へ戻る

幸和ハウジング(浜松市)

エッジの効いた外観のプロポーションがトワイライトに美しく浮かびあがる。外部との緩衝地帯にリラックス空間としてのバルコニーを設けた。プライバシーを確保しながら光と風を巧みに取り入れる、計算し尽くされた設計力が光る。

エッジの効いた外観のプロポーションがトワイライトに美しく浮かびあがる。外部との緩衝地帯にリラックス空間としてのバルコニーを設けた。プライバシーを確保しながら光と風を巧みに取り入れる、計算し尽くされた設計力が光る。

インナーガレージはミュージアムのような贅沢なスペース。イタリア製の愛車を意識して、壁の一部に赤いアクセントカラーを採用。書斎との間仕切りをガラスにしたことで、空間に広がりが生まれた。

インナーガレージはミュージアムのような贅沢なスペース。イタリア製の愛車を意識して、壁の一部に赤いアクセントカラーを採用。書斎との間仕切りをガラスにしたことで、空間に広がりが生まれた。

勾配天井を活かした開放感あふれるLDK。クリナップのステンレス製キッチンを選んだのは料理好きなご主人。高さ1m、長さ3mの造作ダイニングテーブルで、仲良し家族が料理と会話をシェアする。

勾配天井を活かした開放感あふれるLDK。クリナップのステンレス製キッチンを選んだのは料理好きなご主人。高さ1m、長さ3mの造作ダイニングテーブルで、仲良し家族が料理と会話をシェアする。

ガレージ直結の書斎。バイクを見ながら本を読みたいという夢がカタチになった。

ガレージ直結の書斎。バイクを見ながら本を読みたいという夢がカタチになった。

主寝室は大型のウォークインクローゼットとミニギャラリーを併設。

主寝室は大型のウォークインクローゼットとミニギャラリーを併設。

木、石、タイルの組み合わせに心が癒される玄関ホール。地窓、ピンスポットにもKOWAらしいセンスが漂う。

木、石、タイルの組み合わせに心が癒される玄関ホール。地窓、ピンスポットにもKOWAらしいセンスが漂う。

  • エッジの効いた外観のプロポーションがトワイライトに美しく浮かびあがる。外部との緩衝地帯にリラックス空間としてのバルコニーを設けた。プライバシーを確保しながら光と風を巧みに取り入れる、計算し尽くされた設計力が光る。
  • インナーガレージはミュージアムのような贅沢なスペース。イタリア製の愛車を意識して、壁の一部に赤いアクセントカラーを採用。書斎との間仕切りをガラスにしたことで、空間に広がりが生まれた。
  • 勾配天井を活かした開放感あふれるLDK。クリナップのステンレス製キッチンを選んだのは料理好きなご主人。高さ1m、長さ3mの造作ダイニングテーブルで、仲良し家族が料理と会話をシェアする。
  • ガレージ直結の書斎。バイクを見ながら本を読みたいという夢がカタチになった。
  • 主寝室は大型のウォークインクローゼットとミニギャラリーを併設。
  • 木、石、タイルの組み合わせに心が癒される玄関ホール。地窓、ピンスポットにもKOWAらしいセンスが漂う。

コメント

ガレージとバスコートのあるリゾートモダンな家

ご主人が子どもの頃からの夢だったガレージハウスがついに完成した。両開きのドアを開けると、そこはギャラリーのような無機質な空間。しかし、ひとたびバイクが入れば、主役だけを浮かび上がらせ引き立てる。そんな魅せるガレージがKOWAの設計士の真意だ。そして、ご主人のもう一つの夢を叶えたのが庭付きの浴室。裸のままデッキに出て星空を楽しめる空間は、リゾートホテルのような優雅なひとときを演出し、遊び心と贅沢な時間を作り出す。
 生活の中心となるLDKは2階に配置。勾配天井を活かし、リビングとダイニングの天井に段差をつけたことで、より広く感じられる。デザインと使い勝手を両立したステンレスキッチンは奥さまのお気に入りで、存在感たっぷりの造作のダイニングテーブルには家族が自然と集まってくる。リビングからフラットに続くバルコニーは、外と中をつなぐアウトドアリビングで、一見ムダとも思えるこの空間こそが心にゆとりをもたらしてくれる。隣接するタテ長の和室は、おしゃれな創作居酒屋の個室のように落ち着ける。
 こんな都市的なデザインの中に、無垢の木や天然石などのやさしい素材を使い、採光計算も反映させたH邸はKOWAならではのリゾートモダンな家。最高等級3相当の耐震構造など、家としての基本構造にも力を注いでいるのは言うまでもなく、本質から家をデザインするという設計の美学がうかがえる。

■この家を建てた施工会社は
ページトップ