浜松住宅総合館

愛知東部で家を建てるなら三河住宅総合館
工務店で探す
一覧へ戻る

水田建設(浜松市)

杉板張りの床の縦のラインと、天井の梁の横のラインの対比が印象的なLDK。「杉の床は、冬でも素足で歩けるほど暖かいんです」と奥様も大喜び。100%自然素材のシラス壁は調湿・消臭機能に優れている。

杉板張りの床の縦のラインと、天井の梁の横のラインの対比が印象的なLDK。「杉の床は、冬でも素足で歩けるほど暖かいんです」と奥様も大喜び。100%自然素材のシラス壁は調湿・消臭機能に優れている。

ロフトから2階のフリースペースを眺める。子どもの遊び場やご主人の趣味部屋など、ファミリールームとしてフレキシブルに利用。壁面の造作の棚にはご主人の帽子やプラモデルのコレクションを並べて。

ロフトから2階のフリースペースを眺める。子どもの遊び場やご主人の趣味部屋など、ファミリールームとしてフレキシブルに利用。壁面の造作の棚にはご主人の帽子やプラモデルのコレクションを並べて。

キャンプ用のキャリーワゴンをLDKのアクセントに利用。ご主人の男前なセンスとアイデアが生かされている。

キャンプ用のキャリーワゴンをLDKのアクセントに利用。ご主人の男前なセンスとアイデアが生かされている。

南面に広がるデッキ。リビングとフラットにつながり、子どもの遊び場に最適。仲間を招いてBBQも楽しめる。

南面に広がるデッキ。リビングとフラットにつながり、子どもの遊び場に最適。仲間を招いてBBQも楽しめる。

ダイニングスペースは、古材のテーブルと黒と赤のチェア、メタリックな照明でカッコよくコーディネート。

ダイニングスペースは、古材のテーブルと黒と赤のチェア、メタリックな照明でカッコよくコーディネート。

外壁は黒×木目調サイディングのコンビネーション。シャープな片流れのフォルムと相まって、いかにも男前。

外壁は黒×木目調サイディングのコンビネーション。シャープな片流れのフォルムと相まって、いかにも男前。

アイランドキッチンは動線に回遊性があり、パーティでも大活躍。OSBの壁には棚を設け、「見せる収納」で表情をプラス。

アイランドキッチンは動線に回遊性があり、パーティでも大活躍。OSBの壁には棚を設け、「見せる収納」で表情をプラス。

  • 杉板張りの床の縦のラインと、天井の梁の横のラインの対比が印象的なLDK。「杉の床は、冬でも素足で歩けるほど暖かいんです」と奥様も大喜び。100%自然素材のシラス壁は調湿・消臭機能に優れている。
  • ロフトから2階のフリースペースを眺める。子どもの遊び場やご主人の趣味部屋など、ファミリールームとしてフレキシブルに利用。壁面の造作の棚にはご主人の帽子やプラモデルのコレクションを並べて。
  • キャンプ用のキャリーワゴンをLDKのアクセントに利用。ご主人の男前なセンスとアイデアが生かされている。
  • 南面に広がるデッキ。リビングとフラットにつながり、子どもの遊び場に最適。仲間を招いてBBQも楽しめる。
  • ダイニングスペースは、古材のテーブルと黒と赤のチェア、メタリックな照明でカッコよくコーディネート。
  • 外壁は黒×木目調サイディングのコンビネーション。シャープな片流れのフォルムと相まって、いかにも男前。
  • アイランドキッチンは動線に回遊性があり、パーティでも大活躍。OSBの壁には棚を設け、「見せる収納」で表情をプラス。

コメント

アレンジ自在な「男前インテリア」の家

Kさんご夫妻は、最近流行りの「男前インテリア」がお気に入り。素材やインテリアにこだわってじっくりとプランを練り、理想通りの「男前」な住まいを実現した。
 LDKの内装には、杉板張りの床と合板の天井、シラス壁を使用。キッチンスペースの壁には構造材のOSB合板を張り、あえて飾り気のない「素」のままの空間を強調。そこにステンレス×黒のキッチンやメタリックな照明、古材のテーブルをコーディネートすることで、ビンテージ感漂う「男前インテリア」空間を見事に演出している。
 間取りは、「これからの暮らしに合わせて少しずつ手を加え、変化を楽しめる家にしたい!」というご主人の要望で、1・2階とも可能な限り仕切りのないオープンな空間に設計。内装もシンプルなので、これからDⅠYで空間を自在にアレンジして楽しめる。また、アイランドキッチンのあるおおらかなLDKは、「人が集まる家にしたい」というご夫妻の理想にぴったりだ。
 さらに、この家は長期優良住宅の認定を取得し、デザイン性だけでなく快適性や耐久性、省エネ性にも優れている。つまり、見た目だけでなく中身も「男前」というわけだ。しかも、地元材を使っているため、全部で約150万円相当の補助金を取得。「これも、専門知識が豊富な上に、申請の手間を厭わず勧めてくれた『水田建設』さんのおかげです」とご主人が目を細めた。

■この家を建てた施工会社は
ページトップ