浜松住宅総合館

愛知東部で家を建てるなら三河住宅総合館
工務店で探す
一覧へ戻る

will建築工房(浜松市)

縦長の敷地を活かしたLDK。ダイニングと一列に並べたキッチンの奥は洗面・浴室につながり、家事動線が便利。また、キッチンの背後には壁一面に収納を設けて生活感を全て隠し、洗練された空間をキープ。

縦長の敷地を活かしたLDK。ダイニングと一列に並べたキッチンの奥は洗面・浴室につながり、家事動線が便利。また、キッチンの背後には壁一面に収納を設けて生活感を全て隠し、洗練された空間をキープ。

ダイニングから玄関を眺める。グレード感のあるRの白壁が室内に優美な印象をもたらしている。正面奥の壁はご主人がスタッフと共に手作業で仕上げたもの。凹凸のある板張りの質感がカッコよく個性的。

ダイニングから玄関を眺める。グレード感のあるRの白壁が室内に優美な印象をもたらしている。正面奥の壁はご主人がスタッフと共に手作業で仕上げたもの。凹凸のある板張りの質感がカッコよく個性的。

吹抜けのボルダリングのPOPなカラーがシンプルな空間に映える。奥様も2階を目指して挑戦中。

吹抜けのボルダリングのPOPなカラーがシンプルな空間に映える。奥様も2階を目指して挑戦中。

床を下げ、天井を高くして開放感を強調したリビング。外の視線に配慮して窓の形や配置も工夫。

床を下げ、天井を高くして開放感を強調したリビング。外の視線に配慮して窓の形や配置も工夫。

玄関のシューズクロークは、セレクトショップのように洗練されたデザイン。

玄関のシューズクロークは、セレクトショップのように洗練されたデザイン。

ご主人の希望で、外観は住居らしからぬシンプルなデザインに。

ご主人の希望で、外観は住居らしからぬシンプルなデザインに。

室内に美しい陰影をもたらすストリップ階段。シンプルを極めたアイアンの手すりも川合代表のデザイン。

室内に美しい陰影をもたらすストリップ階段。シンプルを極めたアイアンの手すりも川合代表のデザイン。

  • 縦長の敷地を活かしたLDK。ダイニングと一列に並べたキッチンの奥は洗面・浴室につながり、家事動線が便利。また、キッチンの背後には壁一面に収納を設けて生活感を全て隠し、洗練された空間をキープ。
  • ダイニングから玄関を眺める。グレード感のあるRの白壁が室内に優美な印象をもたらしている。正面奥の壁はご主人がスタッフと共に手作業で仕上げたもの。凹凸のある板張りの質感がカッコよく個性的。
  • 吹抜けのボルダリングのPOPなカラーがシンプルな空間に映える。奥様も2階を目指して挑戦中。
  • 床を下げ、天井を高くして開放感を強調したリビング。外の視線に配慮して窓の形や配置も工夫。
  • 玄関のシューズクロークは、セレクトショップのように洗練されたデザイン。
  • ご主人の希望で、外観は住居らしからぬシンプルなデザインに。
  • 室内に美しい陰影をもたらすストリップ階段。シンプルを極めたアイアンの手すりも川合代表のデザイン。

コメント

洗練された美空間にハンドメイドで真心をプラス

ミッドセンチュリーと北欧テイストを融合した個性豊かな空間にしたくて……」と家づくりのコンセプトを語るMさんご夫婦。『will建築工房』の川合代表と不思議なくらい好みが合い、LDKに用いたアカシアの無垢のフローリングを選んだ際も、瞬時に「これだね!」と意気投合したという。オシャレなご夫婦のこだわりと川合代表の卓抜なデザインセンスが反映された住まいは、まさにスタイリッシュで機能的。縦長の敷地を活かして奥行きをつけたLDKは、ダイアトーマスの白壁をベースにアカシアの個性的な木目が際立つ空間。玄関先のRの壁、ストリップ階段、吹抜けのカラフルなボルダリングがオブジェ的な存在感を放っている。南面のリビングは床を下げて天井を上げ、縦方向の開放感をぐっと強調した。LDKの中心に配置したキッチンは奥様のご希望でダイニングと一列に配置。背後の壁一面に収納も設けてある。その他、シューズクロークやクローゼット等の大容量収納と、ちょっとした壁面にスポット収納が設けてあり、「使う場所に物をしまえてとっても便利です」と奥様。
 1階の塗り壁は、ご夫婦が『will建築工房』のスタッフと手作業で仕上げたもの。玄関の板壁も、ご主人とスタッフが細かい板を1枚1枚切り貼りして凹凸をつけた苦心作だ。住まい手と造り手の真心で築きあげた住まいに、愛着も日ごとに深まっている。

■この家を建てた施工会社は
ページトップ