浜松住宅総合館

愛知東部で家を建てるなら三河住宅総合館
工務店で探す
一覧へ戻る

will建築工房(浜松市)

南面の窓から陽がたっぷりと降り注ぐ明るく広やかなLDK。どこからでも庭が一望でき、清々しさと開放感に包まれてゆったりと寛げる。しかも断熱材に「現場発泡硬質ウレタン」を用いているため、断熱性能が高く年中快適。冷暖房の効率も良いので節電にも貢献し、奥様を喜ばせている。

南面の窓から陽がたっぷりと降り注ぐ明るく広やかなLDK。どこからでも庭が一望でき、清々しさと開放感に包まれてゆったりと寛げる。しかも断熱材に「現場発泡硬質ウレタン」を用いているため、断熱性能が高く年中快適。冷暖房の効率も良いので節電にも貢献し、奥様を喜ばせている。

玄関ドアを開けるとモダンアートの美術館のようにスタイリッシュな吹抜けの玄関が現れる。Rの白い壁とレッドシダーの板壁、階段とアイアンの手すり、グレーの天井……すべての要素が絶妙なバランスで融合した玄関は、まるでアートのような美空間。まさしく『will建築工房』の真骨頂だ。

玄関ドアを開けるとモダンアートの美術館のようにスタイリッシュな吹抜けの玄関が現れる。Rの白い壁とレッドシダーの板壁、階段とアイアンの手すり、グレーの天井……すべての要素が絶妙なバランスで融合した玄関は、まるでアートのような美空間。まさしく『will建築工房』の真骨頂だ。

洗面の手前の塗り壁には記念に家族の手形をつけてある。常に家族の目に入る場所にあり、日々の暮らしの中で家族の絆を感じとれる。

洗面の手前の塗り壁には記念に家族の手形をつけてある。常に家族の目に入る場所にあり、日々の暮らしの中で家族の絆を感じとれる。

モダン柄の襖と天井の紙布の組み合わせが個性的な和室。ゲストルームとしても使えるように玄関やトイレ・洗面に直接出入りできる。

モダン柄の襖と天井の紙布の組み合わせが個性的な和室。ゲストルームとしても使えるように玄関やトイレ・洗面に直接出入りできる。

アイランドキッチンからLDを眺める。ダイニングテーブルをキッチンと斜めに連結したことで、庭の景色も眺めやすい。

アイランドキッチンからLDを眺める。ダイニングテーブルをキッチンと斜めに連結したことで、庭の景色も眺めやすい。

大中小のスクエア窓と縦長の窓をバランスよく組み合わせたシンプルな外観。

大中小のスクエア窓と縦長の窓をバランスよく組み合わせたシンプルな外観。

2階から玄関を見おろす。高窓から光が溢れ、白い壁を清々しく照らし出す。ストリップ階段のフォルムが白い空間に映えて美しい。玄関ドアの右隣りのドアの先は和室。階段の下を潜った先にはシューズクロークがある。

2階から玄関を見おろす。高窓から光が溢れ、白い壁を清々しく照らし出す。ストリップ階段のフォルムが白い空間に映えて美しい。玄関ドアの右隣りのドアの先は和室。階段の下を潜った先にはシューズクロークがある。

  • 南面の窓から陽がたっぷりと降り注ぐ明るく広やかなLDK。どこからでも庭が一望でき、清々しさと開放感に包まれてゆったりと寛げる。しかも断熱材に「現場発泡硬質ウレタン」を用いているため、断熱性能が高く年中快適。冷暖房の効率も良いので節電にも貢献し、奥様を喜ばせている。
  • 玄関ドアを開けるとモダンアートの美術館のようにスタイリッシュな吹抜けの玄関が現れる。Rの白い壁とレッドシダーの板壁、階段とアイアンの手すり、グレーの天井……すべての要素が絶妙なバランスで融合した玄関は、まるでアートのような美空間。まさしく『will建築工房』の真骨頂だ。
  • 洗面の手前の塗り壁には記念に家族の手形をつけてある。常に家族の目に入る場所にあり、日々の暮らしの中で家族の絆を感じとれる。
  • モダン柄の襖と天井の紙布の組み合わせが個性的な和室。ゲストルームとしても使えるように玄関やトイレ・洗面に直接出入りできる。
  • アイランドキッチンからLDを眺める。ダイニングテーブルをキッチンと斜めに連結したことで、庭の景色も眺めやすい。
  • 大中小のスクエア窓と縦長の窓をバランスよく組み合わせたシンプルな外観。
  • 2階から玄関を見おろす。高窓から光が溢れ、白い壁を清々しく照らし出す。ストリップ階段のフォルムが白い空間に映えて美しい。玄関ドアの右隣りのドアの先は和室。階段の下を潜った先にはシューズクロークがある。

コメント

造り手のデザインセンスが光る空間に大満足!

「すべてはセンス!」……これは、プランニングにあたってご主人が家づくりの要望シートに二重のアンダーラインを引いてたったひと言だけ書き記した言葉である。それほどまでに『ウィル建築工房』のデザインに惚れこんだというYさんご夫妻。最初に予算の上限を伝え、「あとは好きなようにやってください」と殆どお任せしたという。
 そんなご夫妻のご自慢は、まず「玄関」。Rの白壁とレッドシダーの板壁、階段のフォルム、そして2階の吹抜けの廊下の絶妙なバランスと、それぞれの素材の醸し出す重厚感が現代アートの美術館をイメージさせる。さらに、LDKに入るとすぐ目に入るのがアイランドキッチンと斜めに連結したダイニングテーブル。テーブルを斜めにしたことで空間を有効に利用でき、キッチンからの動線も便利。ソファに座っている家族ともアイコンタクトがとりやすく、コミュニケーションにもひと役買っている。また、スタイリッシュな空間をキープするために、キッチンの反対側に本棚を隠して設けたり、玄関の階段下をくぐって入るシューズクロークを設けたりするなど、収納を工夫して生活感を上手に隠してある。
 南面に設けた窓からは柔らかな陽が降り注ぎ、LDKのどこにいても庭が一望できる。デザイン性だけでなく機能的な動線や収納力、快適性など全ての面で理想以上の住まいが叶ったご夫妻。「点数をつけるなら百点満点で2百点ぐらいかな(笑)」と満面の笑みで語った。

■この家を建てた施工会社は
ページトップ