浜松住宅総合館

愛知東部で家を建てるなら三河住宅総合館
工務店で探す
一覧へ戻る

幹工務店(浜松市)

モノトーンで統一されたLDKは、窓の形や位置、照明にもとことんこだわった。南面の掃き出し窓はFIXをベースに左右のみスライドできるタイプで、実用性よりデザイン性を重視。以前の家で大切に使われていた大理石がキッチンカウンターに再利用され高級感を演出している。

モノトーンで統一されたLDKは、窓の形や位置、照明にもとことんこだわった。南面の掃き出し窓はFIXをベースに左右のみスライドできるタイプで、実用性よりデザイン性を重視。以前の家で大切に使われていた大理石がキッチンカウンターに再利用され高級感を演出している。

シンプルモダンの空間に大理石調のフローリング。スタイリッシュなLDKは、お酒が美味しく飲めるお店のような空間にしたいというご夫婦のイメージ通り。スケルトン階段もインテリアの一部のよう。生活感の出るものはなるべく隠したいという希望から階段下を書斎として使用。

シンプルモダンの空間に大理石調のフローリング。スタイリッシュなLDKは、お酒が美味しく飲めるお店のような空間にしたいというご夫婦のイメージ通り。スケルトン階段もインテリアの一部のよう。生活感の出るものはなるべく隠したいという希望から階段下を書斎として使用。

2階寝室。2階は白をベースに明るいトーンでまとめたが、寝室はシックなテイストに。チェッカーフラッグ柄の壁紙がおしゃれ。TV背面には広々としたウォークインクローゼットが設けられ、窓はモダンな部屋に合うものをセレクト。

2階寝室。2階は白をベースに明るいトーンでまとめたが、寝室はシックなテイストに。チェッカーフラッグ柄の壁紙がおしゃれ。TV背面には広々としたウォークインクローゼットが設けられ、窓はモダンな部屋に合うものをセレクト。

シンプルで機能的な玄関。正面の小窓が明かり取りの役目も。

シンプルで機能的な玄関。正面の小窓が明かり取りの役目も。

照明の位置を少し壁寄りにすることで美しい陰影が生まれ、ムーディーな雰囲気に。バーのトイレをイメージ。

照明の位置を少し壁寄りにすることで美しい陰影が生まれ、ムーディーな雰囲気に。バーのトイレをイメージ。

黒、白、シルバーを使い外と内の統一感を出した。多彩なデザイン窓が外観を個性的に演出している。

黒、白、シルバーを使い外と内の統一感を出した。多彩なデザイン窓が外観を個性的に演出している。

階段の手すりは知り合いに頼んだオリジナルデザイン。ホールに洗面台、物干しスペースを設け、インナーバルコニーとつながる動線も便利。

階段の手すりは知り合いに頼んだオリジナルデザイン。ホールに洗面台、物干しスペースを設け、インナーバルコニーとつながる動線も便利。

  • モノトーンで統一されたLDKは、窓の形や位置、照明にもとことんこだわった。南面の掃き出し窓はFIXをベースに左右のみスライドできるタイプで、実用性よりデザイン性を重視。以前の家で大切に使われていた大理石がキッチンカウンターに再利用され高級感を演出している。
  • シンプルモダンの空間に大理石調のフローリング。スタイリッシュなLDKは、お酒が美味しく飲めるお店のような空間にしたいというご夫婦のイメージ通り。スケルトン階段もインテリアの一部のよう。生活感の出るものはなるべく隠したいという希望から階段下を書斎として使用。
  • 2階寝室。2階は白をベースに明るいトーンでまとめたが、寝室はシックなテイストに。チェッカーフラッグ柄の壁紙がおしゃれ。TV背面には広々としたウォークインクローゼットが設けられ、窓はモダンな部屋に合うものをセレクト。
  • シンプルで機能的な玄関。正面の小窓が明かり取りの役目も。
  • 照明の位置を少し壁寄りにすることで美しい陰影が生まれ、ムーディーな雰囲気に。バーのトイレをイメージ。
  • 黒、白、シルバーを使い外と内の統一感を出した。多彩なデザイン窓が外観を個性的に演出している。
  • 階段の手すりは知り合いに頼んだオリジナルデザイン。ホールに洗面台、物干しスペースを設け、インナーバルコニーとつながる動線も便利。

コメント

モダンなコーディネートで
自分らしさを追求

それまで住んでいた築40年の家は、タイルの剥がれやサッシのガタつきなど老朽化が進み、子どもたちも友だちを呼べないような状態だったことから、建て替えを決意。約3年の年月をかけてモダンなデザイナーズ住宅を完成させた。外観も含め、黒と白を基調にインテリアや設備にこだわったH邸。LDKは黒の大理石調のフローリング、カウンターにはスポットライトが当たり、高級なダイニングバーのような雰囲気だ。「夫婦ともお酒が好きで、友だちを呼ぶのが好きとあって、生活感のない空間に仕上げました」と奥さま。キッチンに段差をつけたのもお店の厨房のようにするため。料理好きの奥さまの特別な居場所となった。2階は、うって変わって明るい空間に。子ども部屋はそれぞれ白をベースに好きな色でアクセントを付け、ホールに設けた洗面コーナーもモダンなインテリアでホテルライクを演出。また、デザイン重視ながら、Hさん家族の生活スタイルに合った動線にも配慮された。1階にご両親の部屋があるため、お互いが生活音に気遣いをしなくていいようリビング階段にし、水回りの位置も両親の部屋の前を通らずに行けるよう配置した。
家づくりにじっくり時間をかけ、担当者とは世間話しや意見交換を繰り返したというHさん。ご夫婦で暮らしを思い描き、その思いを上回る工務店からの提案に楽しく家づくりができたと話す。こだわりの空間に家族や友人が集う、理想の暮らしがスタートした。

■この家を建てた施工会社は
ページトップ