浜松住宅総合館

愛知東部で家を建てるなら三河住宅総合館
工務店で探す
一覧へ戻る

今井建設(浜松市)

家族の暮らしの中心となるアイランドキッチンは、奥様が見学会で初めて見た時から憧れていた空間。床や天井のパイン材とオリジナルキッチンの木の雰囲気がぴったりマッチしている。ビッグサイズのキッチンカウンターには本物の御影石を使用。ダイニングテーブルも今井社長の手造り。

家族の暮らしの中心となるアイランドキッチンは、奥様が見学会で初めて見た時から憧れていた空間。床や天井のパイン材とオリジナルキッチンの木の雰囲気がぴったりマッチしている。ビッグサイズのキッチンカウンターには本物の御影石を使用。ダイニングテーブルも今井社長の手造り。

白い壁にパインの風合いが映えるリビング。光によって色が変化する壁のガラスブロックや、階段の木の手すり、角をRに仕上げたオリジナル家具など、細部にこだわりが生かされている。塗り壁や無垢材の調湿・調温機能に加えて断熱材の「セルロースファイバー」が効果を発揮し、年中快適な環境を実現。

白い壁にパインの風合いが映えるリビング。光によって色が変化する壁のガラスブロックや、階段の木の手すり、角をRに仕上げたオリジナル家具など、細部にこだわりが生かされている。塗り壁や無垢材の調湿・調温機能に加えて断熱材の「セルロースファイバー」が効果を発揮し、年中快適な環境を実現。

ステンドグラスのはまった玄関ドアとテラコッタの土間が木の空間に調和したお洒落な玄関。「宅急便の人に『木のいい香りがしますね』ってよくいわれます」と奥様。

ステンドグラスのはまった玄関ドアとテラコッタの土間が木の空間に調和したお洒落な玄関。「宅急便の人に『木のいい香りがしますね』ってよくいわれます」と奥様。

階段を上がった正面にあるフリースペース。バルコニーに干した洗濯物をたたんだりセカンドリビングに利用したりと多目的に活躍。

階段を上がった正面にあるフリースペース。バルコニーに干した洗濯物をたたんだりセカンドリビングに利用したりと多目的に活躍。

三角天井の小屋裏部屋は絵本に出てきそうなミニチュア空間。収納スペースとしてだけでなく子どもの遊び部屋としても活躍しそう。

三角天井の小屋裏部屋は絵本に出てきそうなミニチュア空間。収納スペースとしてだけでなく子どもの遊び部屋としても活躍しそう。

白い外壁にオレンジの屋根、アーチの玄関ポーチが可愛らしい南欧風の外観。広いバルコニーと奥様が希望したフラワーBOXが特徴。

白い外壁にオレンジの屋根、アーチの玄関ポーチが可愛らしい南欧風の外観。広いバルコニーと奥様が希望したフラワーBOXが特徴。

ナチュラルな天然木に御影石を組み合わせたオリジナルキッチン。Rの壁の奥にあるパントリーは用途を特に限定せずPCコーナーや収納庫等フレキシブルに活用。

ナチュラルな天然木に御影石を組み合わせたオリジナルキッチン。Rの壁の奥にあるパントリーは用途を特に限定せずPCコーナーや収納庫等フレキシブルに活用。

  • 家族の暮らしの中心となるアイランドキッチンは、奥様が見学会で初めて見た時から憧れていた空間。床や天井のパイン材とオリジナルキッチンの木の雰囲気がぴったりマッチしている。ビッグサイズのキッチンカウンターには本物の御影石を使用。ダイニングテーブルも今井社長の手造り。
  • 白い壁にパインの風合いが映えるリビング。光によって色が変化する壁のガラスブロックや、階段の木の手すり、角をRに仕上げたオリジナル家具など、細部にこだわりが生かされている。塗り壁や無垢材の調湿・調温機能に加えて断熱材の「セルロースファイバー」が効果を発揮し、年中快適な環境を実現。
  • ステンドグラスのはまった玄関ドアとテラコッタの土間が木の空間に調和したお洒落な玄関。「宅急便の人に『木のいい香りがしますね』ってよくいわれます」と奥様。
  • 階段を上がった正面にあるフリースペース。バルコニーに干した洗濯物をたたんだりセカンドリビングに利用したりと多目的に活躍。
  • 三角天井の小屋裏部屋は絵本に出てきそうなミニチュア空間。収納スペースとしてだけでなく子どもの遊び部屋としても活躍しそう。
  • 白い外壁にオレンジの屋根、アーチの玄関ポーチが可愛らしい南欧風の外観。広いバルコニーと奥様が希望したフラワーBOXが特徴。
  • ナチュラルな天然木に御影石を組み合わせたオリジナルキッチン。Rの壁の奥にあるパントリーは用途を特に限定せずPCコーナーや収納庫等フレキシブルに活用。

コメント

憧れのキッチンを叶えた
自然素材の南欧風住宅

おしゃれママの間で人気の南欧風の外観。室内は木の香りに満ち、パインの床には陽だまりが広がって、ほんわかとした優しい空気感に包まれている。「とにかく明るい家にしたかったので、間取りでも素材でもどちらにするかで迷ったら必ず明るい方を選びました。そうしたら家中がこんなに明るい感じに仕上がって、冬もとても暖かいです」とご主人は話す。『今井建設』の家は「健康」が標準仕様。内装に無垢材や塗り壁を用いるのはもちろん、断熱材にも人や環境に優しい高性能の「セルロースファイバー」を使用している。「もうじき2人目が生まれる予定ですが、この家なら安心して子育てができます」と奥様。
 ご夫妻が最もこだわったのは、家族が集うアイランドキッチン。背面の収納棚に至るまで全て『今井建設』のオリジナルで、調理台の高さは奥様の身長に合わせて設定。棚や引き出しも使い勝手に合わせて設計した。「おかげで使い勝手が抜群で、家族の様子も見渡せるので料理を作るのがいっそう楽しくなりました」と奥様も大喜びだ。さらに、キッチンカウンターの御影石はなんと180キロもの重さ。本物ならではの美しい模様がキッチンを豊かに彩っている。
 室内には吹き抜けを設けない代わりに、2階にも家族一緒に過ごせるスペースを確保。さらに、子どもの遊び場にぴったりの小屋裏部屋も設けてある。数年後には家のあちこちから2人のお子様達の元気な笑い声が響き渡ることだろう。

■この家を建てた施工会社は
ページトップ