浜松住宅総合館

愛知東部で家を建てるなら三河住宅総合館
工務店で探す
一覧へ戻る

「あだちの家。」 足立建築(浜松市)

窓に沿ってベンチを設けたダイニング。日当りのよいベンチは座りやすい高さに造作されていて、「ここはひなたぼっこができる縁側のような心地良い場所」とご夫妻。ベンチの下にはオープン収納も確保。また、キッチンはシナベニヤを使ってナチュラルな温かみのある美しさを演出。

窓に沿ってベンチを設けたダイニング。日当りのよいベンチは座りやすい高さに造作されていて、「ここはひなたぼっこができる縁側のような心地良い場所」とご夫妻。ベンチの下にはオープン収納も確保。また、キッチンはシナベニヤを使ってナチュラルな温かみのある美しさを演出。

吹き抜けを採用したリビングは明るく開放感いっぱい。コンパクトな住まいとは思えないほどのゆとり感を生み出している。造り付けの棚やカウンターをはじめ、収納スペースが各所に備わっていて家具いらず。内装の木目や色合いを全体に合わせているので、見た目にも統一感のある空間に。

吹き抜けを採用したリビングは明るく開放感いっぱい。コンパクトな住まいとは思えないほどのゆとり感を生み出している。造り付けの棚やカウンターをはじめ、収納スペースが各所に備わっていて家具いらず。内装の木目や色合いを全体に合わせているので、見た目にも統一感のある空間に。

可動式の棚やパイプハンガーをきめ細かく設けたシューズクローク。靴や上着、ベビーカーなどがラクに収まり、広さもたっぷり。

可動式の棚やパイプハンガーをきめ細かく設けたシューズクローク。靴や上着、ベビーカーなどがラクに収まり、広さもたっぷり。

2階の廊下から眺める吹き抜けとキャットウォーク。キャットウォークの上に設けた木製のポールは室内物干し用に設えたもの。

2階の廊下から眺める吹き抜けとキャットウォーク。キャットウォークの上に設けた木製のポールは室内物干し用に設えたもの。

シューズクロークの奥にあるので、奥様が買い物から帰って直行できる便利な食品庫。もちろんキッチンにも近く、家事動線もバッチリ!

シューズクロークの奥にあるので、奥様が買い物から帰って直行できる便利な食品庫。もちろんキッチンにも近く、家事動線もバッチリ!

1階のトイレは狭小空間をできるだけ広く使うため、タンクレス便器を斜めに配置。「見た目も良く、掃除がしやすいのも魅力」と奥様。

1階のトイレは狭小空間をできるだけ広く使うため、タンクレス便器を斜めに配置。「見た目も良く、掃除がしやすいのも魅力」と奥様。

ウッドデッキはダイニングから連続したくつろぎの場。ウッドフェンスがあるので外からの視線を遮り、プライベート感満載。「夏はみんなでバーベキューをして楽しみたい」と語るご主人。子どもたちの遊び場にも最適だ。

ウッドデッキはダイニングから連続したくつろぎの場。ウッドフェンスがあるので外からの視線を遮り、プライベート感満載。「夏はみんなでバーベキューをして楽しみたい」と語るご主人。子どもたちの遊び場にも最適だ。

  • 窓に沿ってベンチを設けたダイニング。日当りのよいベンチは座りやすい高さに造作されていて、「ここはひなたぼっこができる縁側のような心地良い場所」とご夫妻。ベンチの下にはオープン収納も確保。また、キッチンはシナベニヤを使ってナチュラルな温かみのある美しさを演出。
  • 吹き抜けを採用したリビングは明るく開放感いっぱい。コンパクトな住まいとは思えないほどのゆとり感を生み出している。造り付けの棚やカウンターをはじめ、収納スペースが各所に備わっていて家具いらず。内装の木目や色合いを全体に合わせているので、見た目にも統一感のある空間に。
  • 可動式の棚やパイプハンガーをきめ細かく設けたシューズクローク。靴や上着、ベビーカーなどがラクに収まり、広さもたっぷり。
  • 2階の廊下から眺める吹き抜けとキャットウォーク。キャットウォークの上に設けた木製のポールは室内物干し用に設えたもの。
  • シューズクロークの奥にあるので、奥様が買い物から帰って直行できる便利な食品庫。もちろんキッチンにも近く、家事動線もバッチリ!
  • 1階のトイレは狭小空間をできるだけ広く使うため、タンクレス便器を斜めに配置。「見た目も良く、掃除がしやすいのも魅力」と奥様。
  • ウッドデッキはダイニングから連続したくつろぎの場。ウッドフェンスがあるので外からの視線を遮り、プライベート感満載。「夏はみんなでバーベキューをして楽しみたい」と語るご主人。子どもたちの遊び場にも最適だ。

コメント

小さくても心地良い、
家族が豊かに暮らす家

収納力抜群のシューズクロークに食品庫、2階にはロフトやウォークインクロゼットなど豊富な収納を備えたI邸。大きな開口部のある明るいダイニングはウッドデッキにつながり、リビングには吹き抜けもあってのびのびとした雰囲気。延床28・5坪の小さな住まいとは思えないほど、ゆったりとした心地良い居住空間が確保されている。「希望したのは収納の充実と家事や生活がしやすい動線。それさえ実現できれば、限られた面積ですから、部屋が狭くなっても仕方がないと思っていました」と奥様。ところが、足立建築から提案されたプランをわかりやすい設計図で提示されてビックリ。「希望がすべて叶えられていることはもちろん、部屋の広さも見た目のカッコよさも想像以上。素人の私たちではデザインのことまで考えがおよばなかったので、この仕上がりの美しさはうれしい驚きでした」。内装はやさしい色合いと柔らかい感触が特徴の杉材を床に使い、全体に色味や質感を合わせてコーディネート。無垢の床の肌触りはとても気持ちがいいそうで、取材に訪れたのは真冬の2月にもかかわらず、ご家族はご覧の通り〝素足〟で過ごされている。「建物の配置から窓の位置まで計算され尽くした足立さんの設計だから、夏涼しく冬暖かい家であることは予想できましたが、正直ここまで暖かいとは思っていませんでした」とご主人。住み始めてもうすぐ1ヶ月。「暖房費がどれだけ節約できているか、電気代の請求が楽しみ」と語るご夫妻である。

■この家を建てた施工会社は
ページトップ