浜松住宅総合館

愛知東部で家を建てるなら三河住宅総合館
工務店で探す
一覧へ戻る

建築創房 福上(浜松市)

木のぬくもりに溢れたLDK。キッチンの対面にカウンターテーブルを設けて食事をとるようにしたことでリビングの空間にゆとりが生まれた。シンプルな暮らしを理想とするご夫妻は、物は最小限しか持たない主義。しかも適材適所に収納が設けてあるので、室内はいつもすっきりと片付いている。

木のぬくもりに溢れたLDK。キッチンの対面にカウンターテーブルを設けて食事をとるようにしたことでリビングの空間にゆとりが生まれた。シンプルな暮らしを理想とするご夫妻は、物は最小限しか持たない主義。しかも適材適所に収納が設けてあるので、室内はいつもすっきりと片付いている。

ダイニングからリビングを眺める。右手の引き戸の先は玄関。天井の格子から照明の灯りが陽だまりのように洩れてくる。卓抜な匠の技を生かして、壁の腰板にも細かい細工を施し、表面に凹凸を付けて張ってあるため、灯りに照らされると壁面の陰影がいっそうきわだち、木の空間を表情豊かに演出する。

ダイニングからリビングを眺める。右手の引き戸の先は玄関。天井の格子から照明の灯りが陽だまりのように洩れてくる。卓抜な匠の技を生かして、壁の腰板にも細かい細工を施し、表面に凹凸を付けて張ってあるため、灯りに照らされると壁面の陰影がいっそうきわだち、木の空間を表情豊かに演出する。

カウンターテーブルのキッチン側は、炊飯器や電子レンジなどの寸法に合わせて棚を機能的に設置。椅子も一脚しまえるので、奥様がちょっと腰かけるのにも便利!

カウンターテーブルのキッチン側は、炊飯器や電子レンジなどの寸法に合わせて棚を機能的に設置。椅子も一脚しまえるので、奥様がちょっと腰かけるのにも便利!

1階の浴室の隣にある和室は、明るくこじんまりとして「離れ」のような心地良さ。子どもの遊び場や客間として利用するほか、将来的にはご夫妻の寝室にしても便利。

1階の浴室の隣にある和室は、明るくこじんまりとして「離れ」のような心地良さ。子どもの遊び場や客間として利用するほか、将来的にはご夫妻の寝室にしても便利。

2階のフリースペースは家族のニーズに合わせてアレンジ自在。パソコンや書きものができるカウンターも設置。

2階のフリースペースは家族のニーズに合わせてアレンジ自在。パソコンや書きものができるカウンターも設置。

片流れのシンプルなフォルムを紺色の外壁でコーディネート。奥まった玄関ポーチが京の町家を連想させる。

片流れのシンプルなフォルムを紺色の外壁でコーディネート。奥まった玄関ポーチが京の町家を連想させる。

玄関の壁面は杉の「刀打張り」という伝統工法で仕上げてあり、卓越した匠の技を意匠に生かしている。室内のどこを見ても精巧な造りがなされ、建物としての価値を高めている。

玄関の壁面は杉の「刀打張り」という伝統工法で仕上げてあり、卓越した匠の技を意匠に生かしている。室内のどこを見ても精巧な造りがなされ、建物としての価値を高めている。

  • 木のぬくもりに溢れたLDK。キッチンの対面にカウンターテーブルを設けて食事をとるようにしたことでリビングの空間にゆとりが生まれた。シンプルな暮らしを理想とするご夫妻は、物は最小限しか持たない主義。しかも適材適所に収納が設けてあるので、室内はいつもすっきりと片付いている。
  • ダイニングからリビングを眺める。右手の引き戸の先は玄関。天井の格子から照明の灯りが陽だまりのように洩れてくる。卓抜な匠の技を生かして、壁の腰板にも細かい細工を施し、表面に凹凸を付けて張ってあるため、灯りに照らされると壁面の陰影がいっそうきわだち、木の空間を表情豊かに演出する。
  • カウンターテーブルのキッチン側は、炊飯器や電子レンジなどの寸法に合わせて棚を機能的に設置。椅子も一脚しまえるので、奥様がちょっと腰かけるのにも便利!
  • 1階の浴室の隣にある和室は、明るくこじんまりとして「離れ」のような心地良さ。子どもの遊び場や客間として利用するほか、将来的にはご夫妻の寝室にしても便利。
  • 2階のフリースペースは家族のニーズに合わせてアレンジ自在。パソコンや書きものができるカウンターも設置。
  • 片流れのシンプルなフォルムを紺色の外壁でコーディネート。奥まった玄関ポーチが京の町家を連想させる。
  • 玄関の壁面は杉の「刀打張り」という伝統工法で仕上げてあり、卓越した匠の技を意匠に生かしている。室内のどこを見ても精巧な造りがなされ、建物としての価値を高めている。

コメント

光を浴びて木の造形美が生きる
「木洩れ日の家」

郊外の住宅地に約44坪の土地を購入し、4台分の駐車場と家族3人が暮らす住まいの新築を希望したSさん。敷地と予算に限りがあるため、プランニングは容易ではなかった。そこで、豊富な実績と熟練技術を誇る『建築創房 福上』に相談を持ちかけ、何度も話し合いを重ねながら理想の家づくりを進めていった。まず、建物の形をシンプルな箱型の総2階にすることで空間を無駄なく利用し、なおかつ予算も節約。玄関はホールを省き、すぐ正面にLDKを配置。さらに、システムキッチンを壁側に付け、その背面に対面式の収納付きカウンターを設けて食卓を兼ねることで、リビング空間を広々と確保した。
 次に、快適な環境づくりのために壁や床の板張りに厚さ30ミリのケヤキ板を使用して断熱性や調湿性をアップ。また、設計前の現地調査で風の向きを細かく確認し、適切な位置に大小の窓を配置。「小さな窓を開けただけでも風が家中に行き渡って風通しがメチャメチャいいんです」とご主人も絶賛するほどだ。
 さらに、ダイニングの天井には照明を隠すかのように格子が張ってあり、灯りをともすと格子の合間から木洩れ日のように光がもれて木の造形美をたっぷりと堪能できる。限られた敷地と予算の中で希望を100%叶えた住まいにご夫妻は大満足。コンパクトな空間に匠の智慧と技が凝縮された「木洩れ日の家」を、毎日大切にいつくしみながら過ごしていきたいと嬉しそうに語った。

■この家を建てた施工会社は
ページトップ