浜松住宅総合館

愛知東部で家を建てるなら三河住宅総合館
工務店で探す
一覧へ戻る

サイエンスホーム(浜松市)

2階ホールに設けたフリースペースは、『サイエンスホーム』の浜松展示場を参考につくられた。造り付けのカウンターは、時に家事スペースに、時に勉強机に、用途を限定せず重宝している。WICを通じて回遊できる動線は、限られた空間を有効に使う楽しいアイデア。

2階ホールに設けたフリースペースは、『サイエンスホーム』の浜松展示場を参考につくられた。造り付けのカウンターは、時に家事スペースに、時に勉強机に、用途を限定せず重宝している。WICを通じて回遊できる動線は、限られた空間を有効に使う楽しいアイデア。

1階リビングと2階フリースペースをつなぐ大きな吹き抜けがN邸の特長。スケルトン階段の下に設置された造作の棚も、梁や柱と同色の天然塗料を使っているので、統一感がありすっきり!おこもり感たっぷりの小上がりの和室は、玄関側に開口部を作り、障子が明かり取りの役目も。

1階リビングと2階フリースペースをつなぐ大きな吹き抜けがN邸の特長。スケルトン階段の下に設置された造作の棚も、梁や柱と同色の天然塗料を使っているので、統一感がありすっきり!おこもり感たっぷりの小上がりの和室は、玄関側に開口部を作り、障子が明かり取りの役目も。

2階の一角に床座スタイルの書斎を確保。このスペースをつくるために、階段踏み板の奥行きを短くしたのだそう。

2階の一角に床座スタイルの書斎を確保。このスペースをつくるために、階段踏み板の奥行きを短くしたのだそう。

子ども部屋の上に小屋裏収納を設置。隣の寝室の上までつながっているのでたっぷり荷物が入る。奥は家族共有のウォークインクローゼット。

子ども部屋の上に小屋裏収納を設置。隣の寝室の上までつながっているのでたっぷり荷物が入る。奥は家族共有のウォークインクローゼット。

凹凸のないシンプルな外観。太陽光パネルを載せるため片流れの屋根を希望した。木の特性を活かした健康&エコ住宅を実現。

凹凸のないシンプルな外観。太陽光パネルを載せるため片流れの屋根を希望した。木の特性を活かした健康&エコ住宅を実現。

フリースペースは東と南面の開口から光をたっぷり取り込み、明るく開放的な空間に。格子の手すり壁は布団干しに大変重宝しているとか。

フリースペースは東と南面の開口から光をたっぷり取り込み、明るく開放的な空間に。格子の手すり壁は布団干しに大変重宝しているとか。

吹き抜けがあることで、キッチンにいながら2階にいる子どもの気配を感じることができ、安心。外張り断熱の効果で、大空間でも夏は涼しく冬はほんわか暖かい。『サイエンスホーム』の魅力がギュッと詰まったN邸。

吹き抜けがあることで、キッチンにいながら2階にいる子どもの気配を感じることができ、安心。外張り断熱の効果で、大空間でも夏は涼しく冬はほんわか暖かい。『サイエンスホーム』の魅力がギュッと詰まったN邸。

  • 2階ホールに設けたフリースペースは、『サイエンスホーム』の浜松展示場を参考につくられた。造り付けのカウンターは、時に家事スペースに、時に勉強机に、用途を限定せず重宝している。WICを通じて回遊できる動線は、限られた空間を有効に使う楽しいアイデア。
  • 1階リビングと2階フリースペースをつなぐ大きな吹き抜けがN邸の特長。スケルトン階段の下に設置された造作の棚も、梁や柱と同色の天然塗料を使っているので、統一感がありすっきり!おこもり感たっぷりの小上がりの和室は、玄関側に開口部を作り、障子が明かり取りの役目も。
  • 2階の一角に床座スタイルの書斎を確保。このスペースをつくるために、階段踏み板の奥行きを短くしたのだそう。
  • 子ども部屋の上に小屋裏収納を設置。隣の寝室の上までつながっているのでたっぷり荷物が入る。奥は家族共有のウォークインクローゼット。
  • 凹凸のないシンプルな外観。太陽光パネルを載せるため片流れの屋根を希望した。木の特性を活かした健康&エコ住宅を実現。
  • フリースペースは東と南面の開口から光をたっぷり取り込み、明るく開放的な空間に。格子の手すり壁は布団干しに大変重宝しているとか。
  • 吹き抜けがあることで、キッチンにいながら2階にいる子どもの気配を感じることができ、安心。外張り断熱の効果で、大空間でも夏は涼しく冬はほんわか暖かい。『サイエンスホーム』の魅力がギュッと詰まったN邸。

コメント

吹き抜けを活かした
明るくゆとりある家が完成!

サーフィンが趣味というご主人。大好きな海の近くに土地が見つかったため、マイホームにも自分らしさを取り入れようと、「工務店 サーフィン」でネット検索し、『サイエンスホーム』と出会ったという。「真壁造りと自然素材の雰囲気が気持ちよさそうで、懐かしいような、でもモダンなテイストに魅力を感じました」とご主人。それはモデルハウスの体験入居で決定付けられ、家づくりがスタートした。ご夫妻の一番の希望は吹き抜けをつくること。モデルハウスで体験した開放感をどうしても我が家に取り入れたかったのだ。また、リビング以外にも家族が集まれる場所が欲しいということで、1階のLDのほかに、2階ホールに多目的空間をつくり、現在はセカンドリビングに、子どもが大きくなればワークスペースとして活用したいと考えている。「冬は2階にたっぷり日差しが入るので、日中は暖房をつけず、ほとんどここで過ごしています。28坪という面積ですが、吹き抜けのおかげで1階と2階が一体となり、閉塞感が一切ありません」と快適な暮らしぶりに微笑む。収納も配置や使い勝手が考慮され、小上がりの和室の下や小屋裏を最大限活用。ウォークインクローゼットは寝室と子ども部屋の両方から出入りできる動線がつくられた。「すてきな家が完成したので、この先は、生活しながら徐々にインテリアを充実させていきたい」と奥さま。春先から本格的に外構や庭づくりが始まるといい、Nさんの快適計画はまだまだ進行形のよう。

■この家を建てた施工会社は
ページトップ