浜松住宅総合館

愛知東部で家を建てるなら三河住宅総合館
工務店で探す
一覧へ戻る

今井建設(浜松市)

家族の寛ぎの場所として広いLDKを希望したSさん。高い天井と吹き抜けで開放感抜群。リビングにいながら2階の子どもの様子がわかる。塗り壁、無垢の木など自然素材がふんだんに使われ、パイン材の節が素朴さと温かみを醸し出し、思わず深呼吸したくなるほど。腰壁にもパイン材を採用。

家族の寛ぎの場所として広いLDKを希望したSさん。高い天井と吹き抜けで開放感抜群。リビングにいながら2階の子どもの様子がわかる。塗り壁、無垢の木など自然素材がふんだんに使われ、パイン材の節が素朴さと温かみを醸し出し、思わず深呼吸したくなるほど。腰壁にもパイン材を採用。

奥さま念願の広々アイランドキッチン。作り付けのカウンター収納、吊り戸棚、キッチン扉を木目で統一したためスッキリまとまっている。カウンターはデスク代わりにも。リビングと繋がりつつも程よい距離感で、来客時も生活感を気にせずにいられそう。

奥さま念願の広々アイランドキッチン。作り付けのカウンター収納、吊り戸棚、キッチン扉を木目で統一したためスッキリまとまっている。カウンターはデスク代わりにも。リビングと繋がりつつも程よい距離感で、来客時も生活感を気にせずにいられそう。

2階吹き抜けの手すりは当初壁の予定だったが、ご主人の希望で檜の格子に。光や風を遮ることなく、なおかつ、常に家族の気配を感じることができる。2階居室の小窓から顔を出してリビングにいる家族とコミュニケーションを取ることも。

2階吹き抜けの手すりは当初壁の予定だったが、ご主人の希望で檜の格子に。光や風を遮ることなく、なおかつ、常に家族の気配を感じることができる。2階居室の小窓から顔を出してリビングにいる家族とコミュニケーションを取ることも。

寝室に設けられた作り付けのカウンターは、テレビ台や奥さまの化粧台も兼ねている。ご主人のトレーニングに懸垂用のパイプも取り付けられた。

寝室に設けられた作り付けのカウンターは、テレビ台や奥さまの化粧台も兼ねている。ご主人のトレーニングに懸垂用のパイプも取り付けられた。

主寝室のウォークインクローゼットは奥行きがあり余裕の広さ。棚とハンガーパイプを取り付けたシンプルな設計で内装仕上げは居室と全く同じ。

主寝室のウォークインクローゼットは奥行きがあり余裕の広さ。棚とハンガーパイプを取り付けたシンプルな設計で内装仕上げは居室と全く同じ。

家族用とゲスト用を分けた玄関にも腰壁を採用。LDKとは違った素材を使い落ち着いた雰囲気に。玄関収納は壁に埋め込んであるためスッキリ。

家族用とゲスト用を分けた玄関にも腰壁を採用。LDKとは違った素材を使い落ち着いた雰囲気に。玄関収納は壁に埋め込んであるためスッキリ。

シンプルで飽きのこない外観デザイン。断熱性や遮音性に優れた陶器瓦を使用。職人の手仕事が感じられる塗り壁は優しい色目を採用した。

シンプルで飽きのこない外観デザイン。断熱性や遮音性に優れた陶器瓦を使用。職人の手仕事が感じられる塗り壁は優しい色目を採用した。

  • 家族の寛ぎの場所として広いLDKを希望したSさん。高い天井と吹き抜けで開放感抜群。リビングにいながら2階の子どもの様子がわかる。塗り壁、無垢の木など自然素材がふんだんに使われ、パイン材の節が素朴さと温かみを醸し出し、思わず深呼吸したくなるほど。腰壁にもパイン材を採用。
  • 奥さま念願の広々アイランドキッチン。作り付けのカウンター収納、吊り戸棚、キッチン扉を木目で統一したためスッキリまとまっている。カウンターはデスク代わりにも。リビングと繋がりつつも程よい距離感で、来客時も生活感を気にせずにいられそう。
  • 2階吹き抜けの手すりは当初壁の予定だったが、ご主人の希望で檜の格子に。光や風を遮ることなく、なおかつ、常に家族の気配を感じることができる。2階居室の小窓から顔を出してリビングにいる家族とコミュニケーションを取ることも。
  • 寝室に設けられた作り付けのカウンターは、テレビ台や奥さまの化粧台も兼ねている。ご主人のトレーニングに懸垂用のパイプも取り付けられた。
  • 主寝室のウォークインクローゼットは奥行きがあり余裕の広さ。棚とハンガーパイプを取り付けたシンプルな設計で内装仕上げは居室と全く同じ。
  • 家族用とゲスト用を分けた玄関にも腰壁を採用。LDKとは違った素材を使い落ち着いた雰囲気に。玄関収納は壁に埋め込んであるためスッキリ。
  • シンプルで飽きのこない外観デザイン。断熱性や遮音性に優れた陶器瓦を使用。職人の手仕事が感じられる塗り壁は優しい色目を採用した。

コメント

家族の健康を第一に考えた
自然素材が心地いい“呼吸する家”

アパート暮らしでなにかと手狭になってきたことから家を建てる決心をしたというSさん夫妻。「いえぼんは本当に役立ちました。自分たちがどんな雰囲気の家に住みたいのかあらためて知ることができ、各工務店の家づくりの仕様や坪単価がひと目でわかるので、雑誌を参考に10社ほど回りました」。ご主人の希望は“丈夫で健康的な木の家”。『今井建設』に依頼した決め手は、標準仕様の断熱材「セルロースファイバー」の性能の高さと社長の人柄だったという。「家族の安全と健康のためにも家の性能にはこだわりました。でも、最終的には人。職人でもある社長の匠の技やウソのないところが信頼できました。こちらの要望に対し、曖昧な答えをせず、プロのアドバイスをしてくれるので、1つ1つ納得して家づくりを進めることができました」。
 床、腰壁、天井、建具、収納に天然木が使われているS邸は、まさに家の中で森林浴をしているような心地良さ。清々しさとともに、ぬくもりを感じることができるのは、無垢の木ならでは。そのおかげか、撮影日は大寒らしい冷え込みにも関わらず、ファンヒーター1台でオープンなLDKの隅々まで暖かさに包まれていた。また、1階と2階をつなぐ吹き抜けがS邸の心地良さを象徴している。目線の先の広がりだけでなく、南面の上下の開口から陽ざしが降り注ぎ、明るさと開放感を生み出しているのだ。「面積以上の広さを感じ、窮屈感は一切ありません。小屋裏を利用した収納もでき、なにもかも想像を超えた仕上がりです」とご主人も大満足の様子。家全体に一体感があるのは、作り付け家具の存在も大きい。 キッチンのカウンター収納や吊戸棚、リビングのテレビボードなどは床材と同じパイン材や天然木で造作された。LDKは素材の統一で一体感を出しながらも、リビングとダイニングキッチンの間に吹き抜けを設けたため、メリハリのある空間になっている。今は生活のほとんどをLDKで過ごすというSさんご家族。お手伝いが大好きな娘さんと並んでキッチンに立ったり、絵本を読んだり、家族の絆と安らぎが得られるこの場所で幸せを実感中。

お客様の声

Sさんご夫妻は家族の繋がりやコミュニケーションを大切に考え、吹き抜けのある家を希望していました。吹き抜けは上下の階を開放的につなぐだけではなく、採光や風通しにも大きな効果をもたらしてくれます。(浜松市S様)

■この家を建てた施工会社は
ページトップ