浜松住宅総合館

愛知東部で家を建てるなら三河住宅総合館
工務店で探す
一覧へ戻る

樹々匠建設(浜松市)

無垢のカバザクラの床が気持ちいいリビング。窓を開ければ大きなウッドデッキ、芝生の庭が広がる。玄関から和室、リビング、ダイニングは仕切りがないのに、暑さ、寒さを感じない。洗面へと回遊性のある動線も便利。

無垢のカバザクラの床が気持ちいいリビング。窓を開ければ大きなウッドデッキ、芝生の庭が広がる。玄関から和室、リビング、ダイニングは仕切りがないのに、暑さ、寒さを感じない。洗面へと回遊性のある動線も便利。

これほど大きな吹抜けの空間でも、冷暖房が効かないどころか効率が上がるのがソーラーサーキットの魅力。冬はひだまりのように暖かく、夏は木陰のような清涼感をもたらす。エアコンの過度な冷えすぎや、嫌なニオイもしない。O邸は予約制でオープンハウスとして公開するので、暖かさと涼しさの質の違いを体感してほしい。

これほど大きな吹抜けの空間でも、冷暖房が効かないどころか効率が上がるのがソーラーサーキットの魅力。冬はひだまりのように暖かく、夏は木陰のような清涼感をもたらす。エアコンの過度な冷えすぎや、嫌なニオイもしない。O邸は予約制でオープンハウスとして公開するので、暖かさと涼しさの質の違いを体感してほしい。

リビングと繋がりながら、離れのような独立性を持たせた和室。曲線でデザインされた床の間とオリジナル障子のコントラストが美しく、外構までも曲線で統一されている。

リビングと繋がりながら、離れのような独立性を持たせた和室。曲線でデザインされた床の間とオリジナル障子のコントラストが美しく、外構までも曲線で統一されている。

天井まで届く大きな吹き抜け。白い壁は間接照明と吸湿性タイルで立体感を演出する。東南西の3方向から光を採り込むので、家全体が明るくて爽やか!

天井まで届く大きな吹き抜け。白い壁は間接照明と吸湿性タイルで立体感を演出する。東南西の3方向から光を採り込むので、家全体が明るくて爽やか!

奥さまと長女が並んでも狭さを感じないサニタリー。切れ目のないワイドな鏡も奥さまのこだわり。タオル、洗剤、小物などを目的別に整理できる収納棚を造作している。

奥さまと長女が並んでも狭さを感じないサニタリー。切れ目のないワイドな鏡も奥さまのこだわり。タオル、洗剤、小物などを目的別に整理できる収納棚を造作している。

普通の家ではサウナのように暑くなる小屋裏が、たとえエアコンがなくても30℃を少し上回る程度。必然的に出来るこの空間を納戸、趣味部屋、書斎として利用できる。

普通の家ではサウナのように暑くなる小屋裏が、たとえエアコンがなくても30℃を少し上回る程度。必然的に出来るこの空間を納戸、趣味部屋、書斎として利用できる。

ひときわ目を引くスタイリッシュな外観。道路沿いは格子で視線を遮り、南面、西面は計算されたヒサシの出で、日射をコントロール。屋根には8kwの太陽光パネルを搭載。

ひときわ目を引くスタイリッシュな外観。道路沿いは格子で視線を遮り、南面、西面は計算されたヒサシの出で、日射をコントロール。屋根には8kwの太陽光パネルを搭載。

  • 無垢のカバザクラの床が気持ちいいリビング。窓を開ければ大きなウッドデッキ、芝生の庭が広がる。玄関から和室、リビング、ダイニングは仕切りがないのに、暑さ、寒さを感じない。洗面へと回遊性のある動線も便利。
  • これほど大きな吹抜けの空間でも、冷暖房が効かないどころか効率が上がるのがソーラーサーキットの魅力。冬はひだまりのように暖かく、夏は木陰のような清涼感をもたらす。エアコンの過度な冷えすぎや、嫌なニオイもしない。O邸は予約制でオープンハウスとして公開するので、暖かさと涼しさの質の違いを体感してほしい。
  • リビングと繋がりながら、離れのような独立性を持たせた和室。曲線でデザインされた床の間とオリジナル障子のコントラストが美しく、外構までも曲線で統一されている。
  • 天井まで届く大きな吹き抜け。白い壁は間接照明と吸湿性タイルで立体感を演出する。東南西の3方向から光を採り込むので、家全体が明るくて爽やか!
  • 奥さまと長女が並んでも狭さを感じないサニタリー。切れ目のないワイドな鏡も奥さまのこだわり。タオル、洗剤、小物などを目的別に整理できる収納棚を造作している。
  • 普通の家ではサウナのように暑くなる小屋裏が、たとえエアコンがなくても30℃を少し上回る程度。必然的に出来るこの空間を納戸、趣味部屋、書斎として利用できる。
  • ひときわ目を引くスタイリッシュな外観。道路沿いは格子で視線を遮り、南面、西面は計算されたヒサシの出で、日射をコントロール。屋根には8kwの太陽光パネルを搭載。

コメント

一年中薄着で健やかに過ごせる
ソーラーサーキットの家

長女の小学校入学を機に新築したOさん。それまで住んでいた暑さ、寒さ、ひどい結露に懲りて、断熱性能のいい家を求めて調べたところ、県西部で唯一「ソーラーサーキット」の家を建てる樹々匠建設に辿り着いた。
 昨年夏に完成した新居はスタイリッシュモダンな外観がおしゃれで、閑静な住宅街でさり気なく個性を主張。玄関ドアを開けると、明るい吹き抜けのホールに誰もが「すごーい!」と歓声を上げる。そのままリビングに案内されると、30畳を超える大空間が広がり、ダイナミックな吹き抜けのハイサイドサッシから柔らかな光がこぼれ落ちる。
 白を基調としたシンプル&ナチュラルな室内は、無垢の床や間接照明、吸湿性タイルとのバランスが絶妙で、住まう人のセンスの良さを感じさせる。奥さまお気に入りのL字型キッチンは、リビングと緩やかにゾーニングすることで空間にアクセントをつけた。子育てママの負担を軽減するために、家事動線はコンパクトに納め、各居室とデッドスペースにたっぷりの収納を設け、いつもスッキリと気持ちよく暮らせるように配慮した。グルグルと回遊できる間取りは、こどもの健やかな成長と冒険心を育んでくれる。
 これだけの大空間と2つの大きな吹抜けがありながら、1階と2階の温度差が全くないのは、外断熱と二重通気を組み合わせた「ソーラーサーキット」によるもの。夏は小屋裏にある1台のエアコンだけで家中に清涼感が行き渡り、冬は家全体がひだまりの暖かさに包まれる。その涼しさ暖かさは、他ではなかなか味わえないほど、「質」が高い。「一年中薄着で過ごせるので、時々季節を忘れてしまうんですよ」と微笑む奥さま。計算しつくされた換気計画とその性能により、室内の空気が常にキレイで、生活臭がしないことにも大きな魅力を感じているそうだ。
 アパート時代に比べて、部屋の広さは3倍になったけれど、光熱費は毎月安くなり、支出は少なくなった。人にも家計にもやさしい「ソーラーサーキット」の家は、デザインと断熱性に優れた住み心地を望んだOさんの夢を100%叶えてくれた。

お客様の声

氷点下の寒い朝も、布団から出られないなんて事はありません。熱帯夜でも朝までぐっすり。毎日が本当に快適で、住み心地の良さに心から感謝です。身体の芯から温まった感じがして、冷え性体質が改善された気がします。(浜松市O様)

■この家を建てた施工会社は
ページトップ