浜松住宅総合館

愛知東部で家を建てるなら三河住宅総合館
工務店で探す
一覧へ戻る

花みずき工房(浜松市)

玄関のドアを開けると、すぐ目の前に吹抜けのあるリビングが広がる。メープルの優しい木目が白い珪藻土の壁と調和して清楚で優しい雰囲気をもたらしている。リビングの隣に見えるのは中庭のアウターリビング。さらにその奥にはDKがあり、リビング・中庭・DKが一列に並んだ空間構成となっている。

玄関のドアを開けると、すぐ目の前に吹抜けのあるリビングが広がる。メープルの優しい木目が白い珪藻土の壁と調和して清楚で優しい雰囲気をもたらしている。リビングの隣に見えるのは中庭のアウターリビング。さらにその奥にはDKがあり、リビング・中庭・DKが一列に並んだ空間構成となっている。

ダイニングから中庭のアウターリビングを眺める。その先に見えるのはリビング。窓を開け放てば3つの空間が1つにつながり、いっそうオープンエアな雰囲気を満喫できる。休日には家族でのんびりブランチ、夏にはバーベキュー…楽しいシーンがいっぱい生まれそう。

ダイニングから中庭のアウターリビングを眺める。その先に見えるのはリビング。窓を開け放てば3つの空間が1つにつながり、いっそうオープンエアな雰囲気を満喫できる。休日には家族でのんびりブランチ、夏にはバーベキュー…楽しいシーンがいっぱい生まれそう。

中庭に面した階段下のスペースには小上がりの畳コーナーを設けてある。こじんまりとした2畳の畳敷きの空間はお子さまが遊んだりご家族がひと休みしたりするのにちょうどいい広さ。シンプルで洗練された雰囲気のアイアンの手すりは、ご主人がデザインしたもの。

中庭に面した階段下のスペースには小上がりの畳コーナーを設けてある。こじんまりとした2畳の畳敷きの空間はお子さまが遊んだりご家族がひと休みしたりするのにちょうどいい広さ。シンプルで洗練された雰囲気のアイアンの手すりは、ご主人がデザインしたもの。

中庭のおかげで建物の北側にあたるDKにも充分に光が行き届く。キッチンの裏手にはパントリーを設置。その奥が浴室・洗面で動線も便利。

中庭のおかげで建物の北側にあたるDKにも充分に光が行き届く。キッチンの裏手にはパントリーを設置。その奥が浴室・洗面で動線も便利。

吹抜けを中心に子ども部屋をシンメトリーに配置。正面の高窓からは陽光が降り注ぐ。吹抜けに面した子ども部屋の窓はガラスの素材にまでこだわった。

吹抜けを中心に子ども部屋をシンメトリーに配置。正面の高窓からは陽光が降り注ぐ。吹抜けに面した子ども部屋の窓はガラスの素材にまでこだわった。

2階の寝室の奥にある書斎ではパソコン作業をしたり、読書をしたり…。奥さまが「ひとり時間」を気ままに楽しめる空間。

2階の寝室の奥にある書斎ではパソコン作業をしたり、読書をしたり…。奥さまが「ひとり時間」を気ままに楽しめる空間。

奥さまの理想を形にしたスタイリッシュな外観。側面の凹みの部分が中庭にあたる。ポーチに設けた流し場はお子さまの外遊びの後などに利用。

奥さまの理想を形にしたスタイリッシュな外観。側面の凹みの部分が中庭にあたる。ポーチに設けた流し場はお子さまの外遊びの後などに利用。

  • 玄関のドアを開けると、すぐ目の前に吹抜けのあるリビングが広がる。メープルの優しい木目が白い珪藻土の壁と調和して清楚で優しい雰囲気をもたらしている。リビングの隣に見えるのは中庭のアウターリビング。さらにその奥にはDKがあり、リビング・中庭・DKが一列に並んだ空間構成となっている。
  • ダイニングから中庭のアウターリビングを眺める。その先に見えるのはリビング。窓を開け放てば3つの空間が1つにつながり、いっそうオープンエアな雰囲気を満喫できる。休日には家族でのんびりブランチ、夏にはバーベキュー…楽しいシーンがいっぱい生まれそう。
  • 中庭に面した階段下のスペースには小上がりの畳コーナーを設けてある。こじんまりとした2畳の畳敷きの空間はお子さまが遊んだりご家族がひと休みしたりするのにちょうどいい広さ。シンプルで洗練された雰囲気のアイアンの手すりは、ご主人がデザインしたもの。
  • 中庭のおかげで建物の北側にあたるDKにも充分に光が行き届く。キッチンの裏手にはパントリーを設置。その奥が浴室・洗面で動線も便利。
  • 吹抜けを中心に子ども部屋をシンメトリーに配置。正面の高窓からは陽光が降り注ぐ。吹抜けに面した子ども部屋の窓はガラスの素材にまでこだわった。
  • 2階の寝室の奥にある書斎ではパソコン作業をしたり、読書をしたり…。奥さまが「ひとり時間」を気ままに楽しめる空間。
  • 奥さまの理想を形にしたスタイリッシュな外観。側面の凹みの部分が中庭にあたる。ポーチに設けた流し場はお子さまの外遊びの後などに利用。

コメント

心豊かな暮らしを楽しむ
アウターリビングのある家

真っ白でスタイリッシュなフォルムが印象的なIさんのご新居。設計は建築関係の仕事に携わるご主人がメインで、内装の仕上げは奥さまが「家の雰囲気が理想のイメージにぴったり!」と惚れこんだ「花みずき工房」に依頼した。
 奥さまが第一にこだわったのは、外観のデザイン。中庭を取り囲む「コの字型」の建物の外壁は、洗練されたフォルムに塗り壁の温かみが加わっていっそう趣き深い。
「先に外観のデザインを決めてから、室内はそれに合うように間取りを考えたので、主人もかえってデザインしやすかったかもしれませんね」と微笑む奥さま。室内もあとから考えたとは思えないほど細部にまでこだわりを感じ、機能性やデザイン性に富んでいる。
 まず、玄関ドアを開けると土間の先にはホールが無く、目の前にリビングの大空間が飛び込んでくる。リビングの先には中庭、ダイニングを一列に配置。中庭にはデッキを設けて外壁を施しアウターリビングとして活用できるようになっている。オープンエアな雰囲気を楽しみたいときにはリビングとダイニングの窓を開け放てば、3つの空間が一体化して開放感を思いきり満喫できる。また、中庭によって建物の北側に位置するDKに陽光が行き届き、吹抜けの高窓によってリビングに明るさと開放感がもたらされるなど、採光や風通しも入念に考慮されている。
 室内の壁面は1階が珪藻土、2階が漆喰の塗り壁仕上げ。以前住んでいたマンションでカビに悩まされたため、水廻りのある1階は調湿性の高い珪藻土を選んだという。塗り壁の角はすべて丸く仕上げてあるので室内全体が優雅な雰囲気に包まれている。 
 そのほかにも、小上がりの畳コーナーをはじめ、ひとり時間を楽しめる書斎、シューズクロークやパントリーなどの収納も充実。暮らしを豊かに彩る要素がもりだくさんの空間を、「主人も毎日のように自画自賛しています」と奥さま。3つの寛ぎ空間を舞台に、これからご家族の和やかなシーンが様々に繰り広げられることだろう。

お客様の声

たまたまふらっとモデルハウスに立ち寄ったところ、室内の雰囲気が自分達の描いていたイメージにぴったりだったので魅力を感じました。スタッフの方々も親切で、私たちの希望が伝わりやすかったことも決め手になりました。(浜松市I様)

■この家を建てた施工会社は
ページトップ