浜松住宅総合館

愛知東部で家を建てるなら三河住宅総合館
工務店で探す
一覧へ戻る

幹工務店(浜松市)

白を基調とした内装に黄色のキッチンと黄色の脚の大テーブルを組み合わせた明るく華やいだ雰囲気のLDK空間。リビングの吹抜けが部屋中に開放感をもたらしている。吹抜けには高窓も設けてあり、明るさにも充分に配慮した。これだけの空間と大テーブルがあれば、大人数の来客にも余裕で対応できそう。

白を基調とした内装に黄色のキッチンと黄色の脚の大テーブルを組み合わせた明るく華やいだ雰囲気のLDK空間。リビングの吹抜けが部屋中に開放感をもたらしている。吹抜けには高窓も設けてあり、明るさにも充分に配慮した。これだけの空間と大テーブルがあれば、大人数の来客にも余裕で対応できそう。

2階の寝室のフルオープン窓の先はスカイコテージ。庭の代わりにオープンエアなひとときを周囲の目を気にせずゆったりと楽しめる。バーベキュー、おうちカフェ、プール遊び、家庭菜園、天体観測…、暮らしていくうちに楽しみがどんどん広がっていきそうだ。

2階の寝室のフルオープン窓の先はスカイコテージ。庭の代わりにオープンエアなひとときを周囲の目を気にせずゆったりと楽しめる。バーベキュー、おうちカフェ、プール遊び、家庭菜園、天体観測…、暮らしていくうちに楽しみがどんどん広がっていきそうだ。

キッチン側から眺めた吹抜けのリビング。濃茶のリビングボードによって、白が基調の空間が引き締まってみえる。さらに、採光や通風を考えて設けた窓の表情が室内をいっそうスタイリッシュに演出。奥の和室は家族の第2の寛ぎ空間やゲストルームとして利用。

キッチン側から眺めた吹抜けのリビング。濃茶のリビングボードによって、白が基調の空間が引き締まってみえる。さらに、採光や通風を考えて設けた窓の表情が室内をいっそうスタイリッシュに演出。奥の和室は家族の第2の寛ぎ空間やゲストルームとして利用。

元々はダイニング+お子さまの勉強用に設けた2つの大テーブル。パーティやお菓子づくりなど用途に合わせて自由に組み合わせを楽しめる。

元々はダイニング+お子さまの勉強用に設けた2つの大テーブル。パーティやお菓子づくりなど用途に合わせて自由に組み合わせを楽しめる。

白でスタイリッシュにキメた玄関。エコカラットの質感が照明に照らされて豊かな表情を描き出す。壁を貼る作業にはご夫妻も参加した。

白でスタイリッシュにキメた玄関。エコカラットの質感が照明に照らされて豊かな表情を描き出す。壁を貼る作業にはご夫妻も参加した。

大容量の小屋裏収納。1階のシューズクロークやパントリーなど、ほかにも随所に収納をたっぷりと機能的に設けてある。

大容量の小屋裏収納。1階のシューズクロークやパントリーなど、ほかにも随所に収納をたっぷりと機能的に設けてある。

スカイコテージの出入口の先には手洗い場と収納庫を配置。1階と2階を行き来しなくても準備や片付けが簡単にできるよう配慮した。

スカイコテージの出入口の先には手洗い場と収納庫を配置。1階と2階を行き来しなくても準備や片付けが簡単にできるよう配慮した。

  • 白を基調とした内装に黄色のキッチンと黄色の脚の大テーブルを組み合わせた明るく華やいだ雰囲気のLDK空間。リビングの吹抜けが部屋中に開放感をもたらしている。吹抜けには高窓も設けてあり、明るさにも充分に配慮した。これだけの空間と大テーブルがあれば、大人数の来客にも余裕で対応できそう。
  • 2階の寝室のフルオープン窓の先はスカイコテージ。庭の代わりにオープンエアなひとときを周囲の目を気にせずゆったりと楽しめる。バーベキュー、おうちカフェ、プール遊び、家庭菜園、天体観測…、暮らしていくうちに楽しみがどんどん広がっていきそうだ。
  • キッチン側から眺めた吹抜けのリビング。濃茶のリビングボードによって、白が基調の空間が引き締まってみえる。さらに、採光や通風を考えて設けた窓の表情が室内をいっそうスタイリッシュに演出。奥の和室は家族の第2の寛ぎ空間やゲストルームとして利用。
  • 元々はダイニング+お子さまの勉強用に設けた2つの大テーブル。パーティやお菓子づくりなど用途に合わせて自由に組み合わせを楽しめる。
  • 白でスタイリッシュにキメた玄関。エコカラットの質感が照明に照らされて豊かな表情を描き出す。壁を貼る作業にはご夫妻も参加した。
  • 大容量の小屋裏収納。1階のシューズクロークやパントリーなど、ほかにも随所に収納をたっぷりと機能的に設けてある。
  • スカイコテージの出入口の先には手洗い場と収納庫を配置。1階と2階を行き来しなくても準備や片付けが簡単にできるよう配慮した。

コメント

白×黄の心ときめくLDKと
スカイコテージのある家

「人が大勢集まる家にしたい!」という想いをそのまま形にしたSさんご一家の住まい。白を基調としたLDKをいっそう明るく楽しげに彩るのは、黄色いキッチンと黄色い脚の大きなダイニングテーブル。白と黄色は「たまご」と同じ組み合わせ!これから楽しいシーンがいっぱい「誕生」しそうな、心ときめく空間だ。テーブルは普段は重ねておくことができ、子どもの勉強やホームパーティなど用途に合わせて様々な形に変えられる。
家づくりにあたっては色々と勉強を重ね、基本的な間取りや素材はすべて自分達で考えたというSさんご夫妻。「ここは私達のわがままが詰まった住まい。幹工務店さんが自由に素材を選ばせてくれたり、困った時に的確なアドバイスをしてくれたおかげで、希望を全て叶えられました。」と奥さま。
 暮らしのメインとなるLDKは、吹き抜けとダイニングの一体感を重視。大テーブルを中央に配して、食事の団らん時にも吹き抜けの開放感が充分に感じられるよう配慮した。また、行き止まりのない動線を実現したことで、家事や日常生活もスムーズに行える。さらに、シューズクロークやパントリー、小屋裏収納など、必要な箇所に大容量の収納を設け、それぞれの空間をすっきりと快適に保てるようにした。
 2階には庭の代わりとなるスカイコテージを設置。水道も使えるのでバーベキューやプール遊び、家庭菜園など庭同然の楽しみ方を周囲に気兼ねなく満喫できる。コテージからの動線を考え、屋内に専用の手洗い場やコテージで使う道具類をしまう収納庫も設置。準備や片付けも楽に行える。
 家づくりにあたって、まるで自分のことのように親身に取り組んでくれた幹工務店のスタッフ達とご主人は今やプライベートでお酒を飲み交わすほどの仲。「皆で一緒に夢中になってつくった家が完成し、嬉しいと同時にちょっと寂しい気分。でも、今度また是非一杯行きましょう(笑)」とご主人。そう、家を建ててからこそ、工務店との本当のおつきあいが始まるのだ。

お客様の声

ホームページを見てデザイン性に惹かれ、資料を請求したときの初期対応にとても好感が持てました。業務的でなくお客様の目線に立って細かい質問にも親身に答えてくれたので、ここなら安心して任せられると確信しました。(磐田市S様)

■この家を建てた施工会社は
ページトップ